予想付きコラム【G3 玉藻杯争覇戦】地元池田憲昭が太田竜馬マークの2着で準決へ/高松

COPYRIGHT JKA.

COPYRIGHT JKA.

本日ピックアップするニュースは明日で最終日を迎える高松競輪場のG3玉藻杯争覇戦より。本日行われた3日目の記事が20時を過ぎた現在でもアップされていないため、今日付け早朝の更新の1日の記事を取り上げる。記事の内容としては2日目11Rで2着となり準決進出を決めていた地元勢の池田憲昭選手についてだ。

<高松競輪:玉藻杯争覇戦>◇G3◇2日目◇1日

地元の池田憲昭が2予A11Rで太田竜馬マークから2着で準決進出を決めた。

「太田君が積極的に行ってくれたね。最後は左ヒジで(太田を)押す格好になって抜けなかったけど、勝ち上がりがすべてだから」。2日目は2予Bで福島武士と戸田康平も1着。「2人もすごいけど、香川(雄介)さんが失格(2予A9R、2位入線)したのが残念」。香川の分も地元の重圧がかかるが、準決10Rは再度、太田マークで切り抜ける。

引用元:日刊スポーツ

その池田選手は今日の10R準決に登場、昨日の記事に取り上げた福島武士選手と共に太田竜馬選手マークで四国ラインを形成するも太田選手に着いて行けずに離され、結果福島選手と共に8着9着と惨敗。決勝進出と逃した。振り切る形となった太田選手はそのまま捲り1着でゴールとなった。明日の決勝で太田選手は同じく1番車での登場。同じ徳島勢の小川選手、愛媛の渡部選手とのラインで今場所絶好調の平原康多選手を切り崩せるかがポイントになるだろう。

引用元:https://www.nikkansports.com/public_race/keirin/tamamo/2019/news/201902020000153.html

G3 玉藻杯争覇戦 最終日 12R S級決勝予想

本日提供の予想はニュースコラムで取り上げた池田憲昭選手が進出が叶わなかった最終日12RのS級決勝より。流石G3の決勝、といえるメンバーが揃っており、注目度ナンバーワンはやはり今場所準パーフェクトの平原康多選手だろう。その後ろに入る中村浩士選手もオール3連対とこのコンビが中心だろう。対するは太田竜馬選手先頭の中四国ライン。不調続きだった山崎賢人選手もオール3連対で決勝進出となっており油断ならない選手。この辺りを中心にしていこう。

2/3高松12R予想
1=2=4
1=2=5
2=5=8

当サイトの予想は信用ならない、3連単の買い目が欲しい等の方は、当サイトで紹介している優良予想サイトの利用もお勧めする。

[PR]

現在のイチオシ予想サイト

当サイトで的中情報を調査中のサイトの中で、現在のイチオシは競輪予想サイト「デボラ競輪」です!

デボラ競輪は比較的新し目の競輪予想サイトですが、個人的には的中率も高く実用的であると評価しています。

「デボラ」の意味はちょっと分かりませんが、競輪の予想のウデは確かです。

今回紹介する的中事例は2020年7月6日の月曜日に提供された有料コースの「ブラックダイヤモンド」からとなります。

デボラ競輪の買い目情報のランク分けはブロンズ→シルバー→ゴールド→プラチナ・・・と貴金属や宝石がモチーフとなっていますが、これは「よくある」ヤツですね。

デボラ競輪の「ダイヤモンド」は最上級クラスの獲得金額が狙えるコースですが、「ブラックダイヤモンド」はミッドナイト専門。極端に大きな配当の出にくいミッドナイト専門だけに、ノーマルなダイヤモンドよりは目標額、そして参加ポイントが控えめな設定となっています。

この日提供された実際の買い目画面がこちらになります。

デボラ競輪買い目

1レース目の松阪2Rでは3連単5-1-4が的中。倍率は低く14.7倍、投資額は2,000円だったのでまずは29,400円を獲得しました。松阪2Rの実際の結果はこちらです。

そしてその獲得配当を2レース目の小倉6Rに全額投入となります。1レース目の配当は少々心もとないものでしたが、均等に投資しての5点勝負でこちらも見事的中!小倉6Rの実際の結果はこちらです。

小倉6Rでは万車券を射止める事に成功、倍率は128.4倍、的中買い目への投資額は5,800円という事でその最終的な配当額は744,720円となりました。

ブラックダイヤモンドの目標額は70万円に設定されていますので、見事に目標達成です。正直、1レース目の結果からは目標達成のイメージが湧きませんでしたが、万車券を的中させたのはお見事でした。

デボラ競輪は無料情報も毎日配信していますので、是非チェックしてみて下さい。

スポンサーリンク




シェアする

フォローする