【F1千代の里杯争奪戦】坂本周輝「裏開催は得意」当地連覇へ1着発進/豊橋

(C)2018,Nikkan Sports News.

(C)2018,Nikkan Sports News.

本日ピックアップするニュースは昨日に引き続きF1千代の里杯争奪戦より。記事に取り上げられているのは本日初日7Rで勝利し東ライン4車独占を演出した青森の坂本周輝選手。グレードレースの裏開催が得意、と冗談めかして語ったようだが、昨年もG2共同通信社杯の裏開催で優勝しており、あながち冗談では無いようだ。

<豊橋競輪>◇F1◇初日◇19日

S級予選7Rは坂本周輝(27=青森)が谷口明正をひとまくり。竹村勇祐-望月裕一郎-松永晃典も続いて、東ライン4車独占を演出した。

坂本は「3人も付いてくれたから、バック線は取るつもりだった。大レースに出ても勝てないから、その裏開催は得意(笑い)」。実際、昨年もG2共同通信社杯の裏開催だった当地F1でVと有言実行だ。豊橋連覇が懸かるが「決勝に乗れたらラッキー。あくまでも(最終日一般戦回りの)準決9着だけは避けたい」と相変わらず控えめなコメントだった。

コメントは控えめながらも、やはり連覇がかかっている事もあり多少の色気はあるだろう。決勝に乗れたらラッキーと話してはいるものの、伊藤選手との連係で決勝進出は十分狙えるだろう。本人がコメントする9着で終わる、という事はなかなか考え辛いため、車券に入れる価値は十二分にあると思われる。

引用元:https://www.nikkansports.com/public_race/news/201809190000519.html

[PR]

現在のイチオシ予想サイト

当サイトで的中情報を調査中のサイトの中で、現在のイチオシは競輪予想サイト「競輪ジャンジャン」です!

競輪ジャンジャンのモチーフはロゴからピンと来る人も居るかもしれませんが、某週刊少年誌のようです。ただプラン名に関しては他の少年誌のものもチラホラ・・・

今回紹介する的中事例は2020年10月9日の金曜日に提供された有料コースの「DRAGON WHEEL」からとなります。

競輪ジャンジャンの特徴の一つとしてコロガシを行うプランが少ない事が挙げられますが、このDRAGON WHEELについては2レースのコロガシプランとなっています。

この日提供されたのは防府11Rから松戸6Rにかけてのコロガシで、点数はどちらも7点。1レース目への投資額は14,000円でした。

実際の買い目画面がこちらになります。

競輪ジャンジャン買い目

1レース目の防府11Rでは3連単2-3-7での的中。的中買い目への投資額は2,000円、的中倍率は60.7倍でしたので、まずは121,400円の獲得です。防府11Rの実際の結果はこちらです。

そしてその獲得配当を2レース目の松戸6Rに全額投入となります。こちらの結果は3連単9-1-3での的中となりました。松戸6Rの実際の結果はこちらです。

的中買い目への投資額は17,300円、的中倍率は46.7倍でしたので、最終的な配当は807,910円となりました。

コロガシは流石の威力。一発で大金を狙いたいのならばこのプランで決まりでしょう。

スポンサーリンク




シェアする

フォローする