【F1千代の里杯争奪戦】坂本周輝「裏開催は得意」当地連覇へ1着発進/豊橋

(C)2018,Nikkan Sports News.

(C)2018,Nikkan Sports News.

本日ピックアップするニュースは昨日に引き続きF1千代の里杯争奪戦より。記事に取り上げられているのは本日初日7Rで勝利し東ライン4車独占を演出した青森の坂本周輝選手。グレードレースの裏開催が得意、と冗談めかして語ったようだが、昨年もG2共同通信社杯の裏開催で優勝しており、あながち冗談では無いようだ。

<豊橋競輪>◇F1◇初日◇19日

S級予選7Rは坂本周輝(27=青森)が谷口明正をひとまくり。竹村勇祐-望月裕一郎-松永晃典も続いて、東ライン4車独占を演出した。

坂本は「3人も付いてくれたから、バック線は取るつもりだった。大レースに出ても勝てないから、その裏開催は得意(笑い)」。実際、昨年もG2共同通信社杯の裏開催だった当地F1でVと有言実行だ。豊橋連覇が懸かるが「決勝に乗れたらラッキー。あくまでも(最終日一般戦回りの)準決9着だけは避けたい」と相変わらず控えめなコメントだった。

コメントは控えめながらも、やはり連覇がかかっている事もあり多少の色気はあるだろう。決勝に乗れたらラッキーと話してはいるものの、伊藤選手との連係で決勝進出は十分狙えるだろう。本人がコメントする9着で終わる、という事はなかなか考え辛いため、車券に入れる価値は十二分にあると思われる。

引用元:https://www.nikkansports.com/public_race/news/201809190000519.html

[PR]

現在のイチオシ予想サイト

当サイトで的中情報を調査中のサイトの中で、現在のイチオシは競輪予想サイト「デボラ競輪」です!

デボラ競輪は比較的新し目の競輪予想サイトですが、個人的には的中率も高く実用的であると評価しています。

「デボラ」の意味はちょっと分かりませんが、競輪の予想のウデは確かです。

今回紹介する的中事例は2020年7月6日の月曜日に提供された有料コースの「ブラックダイヤモンド」からとなります。

デボラ競輪の買い目情報のランク分けはブロンズ→シルバー→ゴールド→プラチナ・・・と貴金属や宝石がモチーフとなっていますが、これは「よくある」ヤツですね。

デボラ競輪の「ダイヤモンド」は最上級クラスの獲得金額が狙えるコースですが、「ブラックダイヤモンド」はミッドナイト専門。極端に大きな配当の出にくいミッドナイト専門だけに、ノーマルなダイヤモンドよりは目標額、そして参加ポイントが控えめな設定となっています。

この日提供された実際の買い目画面がこちらになります。

デボラ競輪買い目

1レース目の松阪2Rでは3連単5-1-4が的中。倍率は低く14.7倍、投資額は2,000円だったのでまずは29,400円を獲得しました。松阪2Rの実際の結果はこちらです。

そしてその獲得配当を2レース目の小倉6Rに全額投入となります。1レース目の配当は少々心もとないものでしたが、均等に投資しての5点勝負でこちらも見事的中!小倉6Rの実際の結果はこちらです。

小倉6Rでは万車券を射止める事に成功、倍率は128.4倍、的中買い目への投資額は5,800円という事でその最終的な配当額は744,720円となりました。

ブラックダイヤモンドの目標額は70万円に設定されていますので、見事に目標達成です。正直、1レース目の結果からは目標達成のイメージが湧きませんでしたが、万車券を的中させたのはお見事でした。

デボラ競輪は無料情報も毎日配信していますので、是非チェックしてみて下さい。

スポンサーリンク




シェアする

フォローする