予想付きコラム【F1千代の里杯争奪戦】松岡健介、伊藤正樹との連係「今回は」決める/豊橋

(C)2018,Nikkan Sports News.

(C)2018,Nikkan Sports News.

本日ピックアップするニュースは明日から豊橋競輪場で開催となるF1ニュー八千久・千代の里杯争奪戦より。ニュー八千久、千代の里とは地元豊橋で有名な仕出し、お弁当の企業だという事だ。記事に取り上げられているのは兵庫の松岡健介選手。明日の11R S級初特選では徹底先行型の選手が不在という事で、逃げの決まり手を持つ松岡選手が水を向けられたが…

<豊橋競輪>◇F1◇前検日◇18日

特選はまくりタイプはいるが、徹底先行型が不在だ。そんな中、最多のバック数と唯一、逃げの決まり手を持つ松岡健介(40=兵庫)が「先行? (末足が)持つとわかっていれば駆けてもいいけど、持たないから…」と苦笑いで話す。初日連係する伊藤正樹とは前々回の富山G3ブロックセブンで連係したばかり。「そのときはうまくいかなかったから、今回は」と意気込んだ。

逃げの決まり手を持つとはいえ、当然徹底先行型では無いため、「そう言われても…」といったコメントしか出てこない。当たり前と言えば当たり前である。もちろんこれは記者の冗談であろうが、連携する伊藤正樹選手との話題が本題。前々回の富山ブロックセブンでは連係したものの上手く行かなかったようで、松岡が3着、伊藤が4着となっている。今回はそのリベンジも兼ねた連係を決められるだろうか。

引用元:https://www.nikkansports.com/public_race/news/201809180000412.html

F1千代の里杯争奪戦 初日 11R S級初特選予想

今回の予想は記事を取り上げた松岡健介選手が出走する11R S級初特選からとなるが、本人的には先行は末足が持たない、と話すが並び予想ではどうやら先行する事になりそう。KEIRIN.JPでの予想印は松岡、伊藤両選手共に無印となっており、ここで勝てれば高倍率を演出する事が出来そう。伊藤選手を車券に入れてみても面白いだろう。本命は北津留翼選手という事で、そちらを軸に伊藤選手を混ぜた予想にしてみた。

9/19豊橋11R予想
1=3=4
1=3=7
3=4=7

当サイトの予想は信用ならない、3連単の買い目が欲しい等の方は、当サイトで紹介している優良予想サイトの利用もお勧めする。

[PR]

現在のイチオシ予想サイト

当サイトで的中情報を調査中のサイトの中で、現在のイチオシは競輪予想サイト「競輪ジャンジャン」です!

競輪ジャンジャンのモチーフはロゴからピンと来る人も居るかもしれませんが、某週刊少年誌のようです。ただプラン名に関しては他の少年誌のものもチラホラ・・・

今回紹介する的中事例は2020年10月9日の金曜日に提供された有料コースの「DRAGON WHEEL」からとなります。

競輪ジャンジャンの特徴の一つとしてコロガシを行うプランが少ない事が挙げられますが、このDRAGON WHEELについては2レースのコロガシプランとなっています。

この日提供されたのは防府11Rから松戸6Rにかけてのコロガシで、点数はどちらも7点。1レース目への投資額は14,000円でした。

実際の買い目画面がこちらになります。

競輪ジャンジャン買い目

1レース目の防府11Rでは3連単2-3-7での的中。的中買い目への投資額は2,000円、的中倍率は60.7倍でしたので、まずは121,400円の獲得です。防府11Rの実際の結果はこちらです。

そしてその獲得配当を2レース目の松戸6Rに全額投入となります。こちらの結果は3連単9-1-3での的中となりました。松戸6Rの実際の結果はこちらです。

的中買い目への投資額は17,300円、的中倍率は46.7倍でしたので、最終的な配当は807,910円となりました。

コロガシは流石の威力。一発で大金を狙いたいのならばこのプランで決まりでしょう。

スポンサーリンク




シェアする

フォローする

口コミの入力は終了しました。