予想付きコラム【F1スポーツニッポン新聞杯争奪戦】グレーツァー、500バンクの日本新記録へ

(C)2018,Nikkan Sports News.

明日より大宮競輪場で開催されるF1スポーツニッポン新聞杯争奪戦。競輪界に旋風を巻き起こす外国人選手の中でも筆頭格と言えるグレーツァー選手も出場となる。本日取り上げるニュースはそのグレーツァー選手の前検日の様子について。今回は長走路の上がり日本記録12秒8を持つブフリ選手も出場。当然グレーツァー選手にとっては越えるべき壁でありライバルとなる。

<大宮競輪>◇F1◇前検日◇17日

グレーツァー(25=オーストラリア)がブフリ超えに挑戦する。今年の世界選スプリント金メダルを引っ提げて初来日。

初戦の宇都宮で完全Vを果たしてから、6場所とも好スパートを展開してきた。前回小松島エボリューションの前にはオーストラリアに戻り「リフレッシュのつもりで戻ったら、コーチにしごかれた。今回もいいコンディション」と話した。ブフリが当所で、長走路の上がり日本記録12秒8を樹立したことを聞くと「その記録はすごい。勝つために走るし、非常に難しいが、新記録を狙えたらいいね」と意気込んだ。

もちろん今回も勝利を目指すが、ブフリ選手の日本記録も破るべく全力で今回を走りきるという意気込みを感じるインタビューとなったようだ。コンディションについても万全のようで、日本人選手に付け入る隙があるかどうか…同じ日本人としては頑張って欲しい所だが、あまりにも世界の壁を感じる事が多すぎる。今回も優勝候補はブフリ選手、グレーツァー選手が頭一つも二つも抜けていると言って良いだろう。グレーツァー選手の初戦は明日初日9RS級予選となる。

引用元:https://www.nikkansports.com/public_race/news/201807170000716.html

F1スポーツニッポン新聞杯争奪戦9RS級予選予想

本日からは予想もコラムの締めに付け足ししていこうと思う。本日紹介する予想は記事に取り上げたグレーツァー選手の出場する9R。もちろん大本命はグレーツァー選手となる。

7/18大宮9R予想
1=3=4
3=4=9
3=7=9

グレーツァー選手がやはり勝利するだろうが、問題は2着3着。割と順当な予想となったが1着がまあまず決まっているため的中を取りにいくべきと思いこうなった。

当サイトの予想は信用ならない、3連単の買い目が欲しい等の方は、当サイトで紹介している優良予想サイトの利用もお勧めする。

[PR]

現在のイチオシ予想サイト

当サイトで的中情報を調査中のサイトの中で、現在のイチオシは競輪予想サイト「競輪ジャンジャン」です!

競輪ジャンジャンは見ての通り某有名週刊少年誌のロゴにそっくり。いわゆるパロディサイト的なノリですがその競輪予想は本格派です!

的中事例として紹介するのは2020年2月12日(水)に提供された有料情報の「DRAGON WHEEL」より。実際にロゴを見てもらえば分かりますがこのキャンペーンのパロディ元は7つの玉を集めたりする世界的にも超人気のバトル系少年マンガとなっています。

このキャンペーンは2レースのコロガシで40万円前後を狙うというコンセプトとなっています。この日に提供されたのは松戸3Rから佐世保11Rへのコロガシで、1レースあたり5点の提供となりました。

ジャンジャン買い目

1レース目の松戸3Rでは3連単1-3-5が的中。46.3倍を射止めまずは92,600円を獲得しました。松戸3Rの実際の結果はこちらです。

そしてその獲得配当を2レース目の佐世保11Rに全額投入。均等に投資しての5点勝負でこちらも見事的中!佐世保11Rの実際の結果はこちらです。

こうして2レースコロガシを成功させた結果、その配当額は986,050円となりました。40万円狙いのコースながら結果としては倍以上の準帯封!最高の一発だったと言えるでしょう。

投資金額は1レース目の10,000円だけだったので、それを差し引くとその利益は976,050円

キャンペーンへの参加費用を考えてもその利益は90万円オーバーとなっており、まさに大勝利でした。

line@

スポンサーリンク




シェアする

フォローする