予想付きコラム【F2 公営競技事業所長杯チャリオンC】磯川勝裕113期のトリ…予選勝って突破だ/岸和田

(C)2019,Nikkan Sports News.

(C)2019,Nikkan Sports News.

本日ピックアップするニュースは明日から岸和田競輪場で開催となるF2公営競技事業所長杯チャリオンCより。

記事に取り上げられているのはこの岸和田F2に5人参戦している113期勢のうち、初日のトリを飾る磯川勝裕選手だ。前場所では完全V目前での準Vと悔しい結果に終わっているが、今場所でそのうっぷんを晴らせるか。

<岸和田競輪>◇F2◇前検日◇28日

チャレンジ戦には今回、113期が5人参戦する。そのトリを飾る予選5Rに登場するのが磯川勝裕(東京=24)だ。「練習もいつも通りやってきたし、調子を崩したりもあまりないですね」と、態勢をきっちり整えてきた。

岸和田はこれが昨年8月以来2回目の参戦。「前回は1着1着で決勝2着。悪い印象はありません」と磯川。ちなみにその決勝では「中釜(章成)君にやられました」。同期中釜はその後特別昇班し、今回は1、2班戦の主役候補。それだけに磯川もより闘志が湧くはず。まずは予選を勝って突破する。

日刊スポーツ

練習もいつも通りやっており調子も上々のようで、キッチリと仕上がっている印象だ。岸和田は前回決勝で同期の中釜章成選手に敗れて完全Vを逃しているものの、やはり好成績。悪いイメージは無いという。

記事の通り中釜選手は特昇しバリバリに活躍中。差を付られた同期に追いつくためにも、まずは予選は勝利で決めたい所だろう。

引用元:https://www.nikkansports.com/public_race/news/201903280000480.html

F2 公営競技事業所長杯チャリオンC 初日 5R A級チ予選予想

本日提供の予想はコラムで取り上げた磯川勝裕選手が登場する5RのA級チャレンジ予選より。

得点から勝率などなど全てにおいてメンバーと比べて頭一つ以上抜けている磯川選手。ここはまず必勝の構えだろう。

勝利に全くの疑いは無いが問題は相手か。まだ並び予想やコメントの情報が入ってきていないが、番手に入るであろう7番車の岩田選手が筆頭だろうか。

長崎の白濱一平、福井の木村高士選手あたりも入れておくべきだろう。

3/29岸和田5R予想
1=2=5
1=2=7
1=5=7

当サイトの予想は信用ならない、3連単の買い目が欲しい等の方は、当サイトで紹介している優良予想サイトの利用もお勧めする。

[PR]

現在のイチオシ予想サイト

当サイトで的中情報を調査中のサイトの中で、現在のイチオシは競輪予想サイト「競輪ジャンジャン」です!

競輪ジャンジャンは見ての通り某有名週刊少年誌のロゴにそっくり。いわゆるパロディサイト的なノリですがその競輪予想は本格派です!

的中事例として紹介するのは2020年2月12日(水)に提供された有料情報の「DRAGON WHEEL」より。実際にロゴを見てもらえば分かりますがこのキャンペーンのパロディ元は7つの玉を集めたりする世界的にも超人気のバトル系少年マンガとなっています。

このキャンペーンは2レースのコロガシで40万円前後を狙うというコンセプトとなっています。この日に提供されたのは松戸3Rから佐世保11Rへのコロガシで、1レースあたり5点の提供となりました。

ジャンジャン買い目

1レース目の松戸3Rでは3連単1-3-5が的中。46.3倍を射止めまずは92,600円を獲得しました。松戸3Rの実際の結果はこちらです。

そしてその獲得配当を2レース目の佐世保11Rに全額投入。均等に投資しての5点勝負でこちらも見事的中!佐世保11Rの実際の結果はこちらです。

こうして2レースコロガシを成功させた結果、その配当額は986,050円となりました。40万円狙いのコースながら結果としては倍以上の準帯封!最高の一発だったと言えるでしょう。

投資金額は1レース目の10,000円だけだったので、それを差し引くとその利益は976,050円

キャンペーンへの参加費用を考えてもその利益は90万円オーバーとなっており、まさに大勝利でした。

スポンサーリンク




シェアする

フォローする

コメントの入力は終了しました。