予想付きコラム【F2 東京スポーツ杯争奪戦・TEL杯】磯田旭ミッドナイトも7車立ても初体験/川崎

(C)2019,Nikkan Sports News.

(C)2019,Nikkan Sports News.

本日ピックアップするニュースは明日から川崎競馬場で行われるミッドナイト競輪、F2東京スポーツ杯争奪戦・TEL杯より。記事に取り上げられているのはミッドナイト開催が初体験、ついでに7車立て自体も初体験という栃木の磯田旭選手だ。今場所では新車を投入する模様で、写真はその新車のパッケージを開けている最中のようだ。7年ぶりにA級に降格してしまった磯田選手だが、この初めて尽くしのレースに適応する事は出来るだろうか?

<川崎競輪:ミッドナイト競輪>◇F2◇前検日◇4日

今回の磯田旭(29=栃木)は、初物づくしだ。

ミッドナイト開催も初めてなら、7車立てのレースも始めて。しかも、今回から新車を投入する。

「若い選手に回転力ではなわないので、最近はパワー系のトレーニングを中心にやっている。だから力が伝わるフレームにしました」と、ピカピカのフレームを丁寧に取り出した。

A級降格は7年ぶりで「レースでバタバタしてますね」と、なかなか思うような結果が出せない焦りの表れだろう。

1月の取手決勝で早くも失格してしまったが、「まだ(S級復帰を)あきらめていませんよ」とモチベーションは少しも下がっていない。

特選7Rのメンバーを確認すると「1人でやります」とキッパリ。新車の感触を見る意味でも、人をあてにせず、自力含みで前前に攻める。

引用元:日刊スポーツ

記事によると最近はケイデンスでは若い選手にかなわないと、パワー系のトレーニングを中心に行ってきたという磯田選手。その為今回の新車はそのパワーが伝わるフレームにしたとの事だ。A級降格後もなかなか結果が出せずバタバタしていると話す通り、1月の取手決勝では失格を貰ってしまった。しかし、本人的には全く復帰を諦めていないようで、メンタル面でも心配は無さそうだ。初日7Rではメンバーを確認後、単騎で走ると宣言。九州ラインと神奈川ラインに自力で立ち向かう。

引用元:https://www.nikkansports.com/public_race/keirin/mid_cal/news/201903040000498.html

F2 東京スポーツ杯争奪戦・TEL杯 初日 7R A級初特選予想

本日提供の予想はコラムで取り上げた磯田旭選手の登場する初日7RのA級初特選より。本命は大分の大西選手が先頭の九州ラインだろう。磯田選手と得点トップの柴田選手は単騎となる。単騎勢2名は勝率、得点共に高いがやはり単騎故の不利は否めないが、両名とも1つずつくらいは車券に入れてみるのも面白いだろう。神奈川コンビは両方入れる必要は無さげだ。

3/5川崎7R予想
1=3=4
2=4=5
3=4=5

当サイトの予想は信用ならない、3連単の買い目が欲しい等の方は、当サイトで紹介している優良予想サイトの利用もお勧めする。

[PR]

現在のイチオシ予想サイト

当サイトで的中情報を調査中のサイトの中で、現在のイチオシは競輪予想サイト「競輪ジャンジャン」です!

競輪ジャンジャンは見ての通り某有名週刊少年誌のロゴにそっくり。いわゆるパロディサイト的なノリですがその競輪予想は本格派です!

的中事例として紹介するのは2020年2月12日(水)に提供された有料情報の「DRAGON WHEEL」より。実際にロゴを見てもらえば分かりますがこのキャンペーンのパロディ元は7つの玉を集めたりする世界的にも超人気のバトル系少年マンガとなっています。

このキャンペーンは2レースのコロガシで40万円前後を狙うというコンセプトとなっています。この日に提供されたのは松戸3Rから佐世保11Rへのコロガシで、1レースあたり5点の提供となりました。

ジャンジャン買い目

1レース目の松戸3Rでは3連単1-3-5が的中。46.3倍を射止めまずは92,600円を獲得しました。松戸3Rの実際の結果はこちらです。

そしてその獲得配当を2レース目の佐世保11Rに全額投入。均等に投資しての5点勝負でこちらも見事的中!佐世保11Rの実際の結果はこちらです。

こうして2レースコロガシを成功させた結果、その配当額は986,050円となりました。40万円狙いのコースながら結果としては倍以上の準帯封!最高の一発だったと言えるでしょう。

投資金額は1レース目の10,000円だけだったので、それを差し引くとその利益は976,050円

キャンペーンへの参加費用を考えてもその利益は90万円オーバーとなっており、まさに大勝利でした。

スポンサーリンク




シェアする

フォローする

コメントの入力は終了しました。