予想付きコラム【F1 日刊スポーツ新聞社杯争奪戦】小橋秀幸「冬季移動の資金稼ぎ」に意欲満々?/大宮

(C)2019,Nikkan Sports News.

(C)2019,Nikkan Sports News.

本日ピックアップするニュースは明日から大宮競輪場で開催となるF1日刊スポーツ新聞社杯争奪戦より記事に取り上げられているのは青森の小橋秀幸選手だ。検車場では予選突破への意欲を見せた小橋選手。予選突破となれば4場所ぶりとなるようだ。

<大宮競輪:日刊スポーツ新聞社杯争奪戦>◇F1◇前検日◇3日

小橋秀幸(40=青森)が4場所ぶりの予選突破に意欲満々だ。予選10Rのメンバーを見ると「(佐藤)朋也君の番手ですか。連係は何度かあります。任せたら僕はあれこれ言いません」と信頼感を口にした。

ここ数年は冬季移動で神奈川県内に部屋を借り、1人暮らしを満喫している。「練習も1人ですね。主に八景島で乗っています。後はジムでパワーマックスをやったりウエートトレーニングをしたり。環境はいいし、気楽でいいですよ。体調? 全く問題ないです」。ただ、地元より誘惑も多い様子で「お金はいくらあっても足りません。ここで頑張らないと」と苦笑い。そろそろ小橋の激走があっても全くおかしくない。

引用元:日刊スポーツ

明日の初日10Rでは佐藤朋也選手との連携。前にも何度かあるという事で信頼感はあるようだ。最近は冬は神奈川に部屋を借りて一人で練習をしているようで、結構気楽に練習しているようだ。ただ、青森と比べると色々誘惑は多いとの事。まあ青森は本当に何もないので当たり前だが…明日の初日も神奈川での遊ぶ金欲しさで好走が見られるかもしれない。久々の一発に期待だ。

引用元:https://www.nikkansports.com/public_race/news/201903030000584.html

F1 日刊スポーツ新聞社杯争奪戦 初日 10R S級予選予想

本日提供の予想はコラムで取り上げた小橋秀幸選手だが登場する初日10RのS級予選より。小橋選手が2番手を走る東北ラインはレース的には対抗といった所か。本命ラインは南関ラインの3名と見て間違いなさそうだ。基本は南関ラインから、それに加えて東北ラインからちらほら、という組み合わせで良さそうだ。

3/4大宮10R予想
1=3=7
3=5=7
3=7=9

当サイトの予想は信用ならない、3連単の買い目が欲しい等の方は、当サイトで紹介している優良予想サイトの利用もお勧めする。

[PR]

現在のイチオシ予想サイト

当サイトで的中情報を調査中のサイトの中で、現在のイチオシは競輪予想サイト「競輪ジャンジャン」です!

競輪ジャンジャンは見ての通り某有名週刊少年誌のロゴにそっくり。いわゆるパロディサイト的なノリですがその競輪予想は本格派です!

的中事例として紹介するのは2020年2月12日(水)に提供された有料情報の「DRAGON WHEEL」より。実際にロゴを見てもらえば分かりますがこのキャンペーンのパロディ元は7つの玉を集めたりする世界的にも超人気のバトル系少年マンガとなっています。

このキャンペーンは2レースのコロガシで40万円前後を狙うというコンセプトとなっています。この日に提供されたのは松戸3Rから佐世保11Rへのコロガシで、1レースあたり5点の提供となりました。

ジャンジャン買い目

1レース目の松戸3Rでは3連単1-3-5が的中。46.3倍を射止めまずは92,600円を獲得しました。松戸3Rの実際の結果はこちらです。

そしてその獲得配当を2レース目の佐世保11Rに全額投入。均等に投資しての5点勝負でこちらも見事的中!佐世保11Rの実際の結果はこちらです。

こうして2レースコロガシを成功させた結果、その配当額は986,050円となりました。40万円狙いのコースながら結果としては倍以上の準帯封!最高の一発だったと言えるでしょう。

投資金額は1レース目の10,000円だけだったので、それを差し引くとその利益は976,050円

キャンペーンへの参加費用を考えてもその利益は90万円オーバーとなっており、まさに大勝利でした。

スポンサーリンク




シェアする

フォローする

コメントの入力は終了しました。