予想付きコラム【小田原競輪廃止問題】小田原競輪は予定通り存続方針固まる/小田原

小田原競輪場

via at Wikipedia

本日ピックアップするニュースはレースそのものについてではなく、昨年からその収支の赤字状況は施設の老朽化から存続か、廃止かを市議会で検討していた小田原競輪についてだ。小田原競輪場の廃止案は何も今回が初めてではなく、2007年にも同じく廃止か否かの検討が行われ、その際に「赤字になれば廃止を検討する」という方針が決まった事があった。

そしてその10年後、2017年度は収支は赤字。再び検討委員会が設置され2019年2月までに廃止か、存続かの方向性が決定されるとされていた。そして、その2月。小田原競輪はなんとか存続の方向に進む事が出来るようだ。昨年に存続問題が再び取りざたされた時には「廃止あいりき」とした報道もあり、物議をかもしていた。

小田原市は21日、総務常任委員会を開き、当面は小田原競輪を存続していく方針を固めた。

同委員会では、これまで未実施だったミッドナイト開催を他場に委託して行う計画や、自場でのガールズケイリン開催、民間への包括委託などについて話し合われた。ほかにも、老朽化している施設の耐震補強工事の予算の検討に入ることが確認された。

企画部企画政策課の阿部祐之政策調整担当課長は「そもそも廃止ありきの議論はしていない。今は売り上げ回復に向け、実現可能なものと難しいものとの整理がついた段階」と語った。

引用元:日刊スポーツ

今日の総務常任委員会で「当面は」小田原競輪を存続していく方針を固めたという小田原市。インタビューに対し阿部祐之政策調整担当課長は「そもそも廃止ありきの議論はしていない。」とまずはマスコミ陣にチクり。まずは売上を上げ黒字経営とするべく、ミッドナイト競輪の委託開催やガールズケイリンの開催、老朽化している施設の補強工事などが現在考えられているとの事。

市の都市計画の影響でナイター開催が不可能である小田原競輪場はそれだけで不利。まして今やミッドナイト競輪はかなりの人気を博しており今では様々なバンクで開催されている。そこで搦め手として考え出されたのが恐らくミッドナイトの委託開催であろう。ガールズも人気が高く売上も上昇傾向である事から、これもやらない手は無いだろう。

やはりまずはもっと気軽に競輪場に足を運んでもらえるよう、業界全体でイメージアップや周知を行っていくというのも必要な事だろう。実際ボートはそれで成功しつつあるのだから、競輪に出来ないという事は無いだろう。

引用元:https://www.nikkansports.com/public_race/news/201902210000625.html

F1 ラ・ピスタ新橋カップ 最終日 11R S級決勝予想

本日提供の予想はコラムとは関係のない川崎のF1ラ・ピスタ新橋カップ最終日12RのS級決勝より。一昨日もこのレースの初日についての予想を出したが、その時本命とした野口選手と川崎選手はラインで決めてワンツーフィニッシュ、今日の2日目でも両者1着で決勝まで進出した。とはいえ更にメンバーは強力なのでまたこのコンビでワンツーというのは流石に難しいだろうが、野口選手はここでも大注目と言える。前場所から絶好調が継続中なのは今場所の2走で明らかであり、ここは外しにくいだろう。南関ラインから多めに、対抗として近畿中国ラインからちらほら、といった構成にしてみた。

2/22川崎11R予想
1=5=7
2=5=9
5=7=9

当サイトの予想は信用ならない、3連単の買い目が欲しい等の方は、当サイトで紹介している優良予想サイトの利用もお勧めする。

[PR]

現在のイチオシ予想サイト

当サイトで的中情報を調査中のサイトの中で、現在のイチオシは競輪予想サイト「競輪ジャンジャン」です!

競輪ジャンジャンは見ての通り某有名週刊少年誌のロゴにそっくり。いわゆるパロディサイト的なノリですがその競輪予想は本格派です!

的中事例として紹介するのは2020年2月12日(水)に提供された有料情報の「DRAGON WHEEL」より。実際にロゴを見てもらえば分かりますがこのキャンペーンのパロディ元は7つの玉を集めたりする世界的にも超人気のバトル系少年マンガとなっています。

このキャンペーンは2レースのコロガシで40万円前後を狙うというコンセプトとなっています。この日に提供されたのは松戸3Rから佐世保11Rへのコロガシで、1レースあたり5点の提供となりました。

ジャンジャン買い目

1レース目の松戸3Rでは3連単1-3-5が的中。46.3倍を射止めまずは92,600円を獲得しました。松戸3Rの実際の結果はこちらです。

そしてその獲得配当を2レース目の佐世保11Rに全額投入。均等に投資しての5点勝負でこちらも見事的中!佐世保11Rの実際の結果はこちらです。

こうして2レースコロガシを成功させた結果、その配当額は986,050円となりました。40万円狙いのコースながら結果としては倍以上の準帯封!最高の一発だったと言えるでしょう。

投資金額は1レース目の10,000円だけだったので、それを差し引くとその利益は976,050円

キャンペーンへの参加費用を考えてもその利益は90万円オーバーとなっており、まさに大勝利でした。

line@

スポンサーリンク




シェアする

フォローする

コメントの入力は終了しました。