予想付きコラム【F1 スポーツニッポン新聞社杯争奪戦】佐藤友和、藤根俊貴の年男師弟コンビに注目/西武園

(C)2019,Nikkan Sports News.

(C)2019,Nikkan Sports News.

本日ピックアップするニュースは明日15日から西武園競輪場で始まるF1スポーツニッポン新聞社杯争奪戦より。記事に取り上げられているのは今日の前検で師匠の佐藤友和選手と一緒に検車場に現れた特昇を狙う藤根俊貴選手だ。かなりリラックスムードでレースに向けて緊張していたりはしていないようで、写真では意気込みが感じられる表情を見せた。師匠の方はめっちゃ笑顔だけど。

<西武園競輪>◇F1◇前検日◇14日

今シリーズで特昇を狙う藤根俊貴(24=岩手)が師匠の佐藤友和とともにリラックスした表情で検車場に現れた。

「緊張は今のところないです。今回で(特昇を)決めてルーキーチャンピオン(3月10日・松山)にS級で行けるように」と気合も十分。師匠の佐藤は藤根に対して「特にアドバイスとかは言ってないです。そこは勝手に感じてもらえれば」と言っていたが、やはり気にかけている様子。

藤根が11日、佐藤は13日に誕生日を迎えて、ともに年男になった。藤根は特昇、佐藤は優勝がお互いの誕生日プレゼントになる。藤根の予選5R、佐藤の初日特選11Rに注目だ。

引用元:日刊スポーツ

前場所の取手F1では完全Vを決めた藤根選手、もちろん目標は今回で特昇を決めルーキーチャンピオンでのS級での出場だ。師匠の佐藤は特にアドバイスは無いと一見突き放すような事も言っていたのだが、インタビューした記者からすれば気にかけている様子はにじみ出ていたようだ。藤根選手は5RのA級予選、佐藤友和選手は11RのS級初特選に登場。師弟コンビで初日共に1着を飾れるだろうか。

引用元:https://www.nikkansports.com/public_race/news/201902140000482.html

F1 スポーツニッポン新聞社杯争奪戦 初日 5R A級予選予想

本日提供の予想はコラムに取り上げた藤根俊貴選手の登場する5RのA級予選より。記事の主役はこちらなので師匠の佐藤友和選手のレースはスルー。特昇を狙う藤根選手は前場所でも完全Vとまさに絶好調。得点も他メンバーを大きく引き離し97.12となっており、直近4ヶ月の勝率はなんと88%、連対率なら96%という事もありまずは藤根選手を軸として採用するべきだろう。勢いが段違いだ。相手としては東北ラインで藤根選手の番手に入る青森の佐々木選手が筆頭か。岐阜の廣島選手、長野の木下選手辺りも織り交ぜていこう。

2/15西武園5R予想
1=3=9
1=5=9
5=7=9

当サイトの予想は信用ならない、3連単の買い目が欲しい等の方は、当サイトで紹介している優良予想サイトの利用もお勧めする。

[PR]

現在のイチオシ予想サイト

当サイトで的中情報を調査中のサイトの中で、現在のイチオシは競輪予想サイト「競輪ジャンジャン」です!

競輪ジャンジャンは見ての通り某有名週刊少年誌のロゴにそっくり。いわゆるパロディサイト的なノリですがその競輪予想は本格派です!

的中事例として紹介するのは2020年2月12日(水)に提供された有料情報の「DRAGON WHEEL」より。実際にロゴを見てもらえば分かりますがこのキャンペーンのパロディ元は7つの玉を集めたりする世界的にも超人気のバトル系少年マンガとなっています。

このキャンペーンは2レースのコロガシで40万円前後を狙うというコンセプトとなっています。この日に提供されたのは松戸3Rから佐世保11Rへのコロガシで、1レースあたり5点の提供となりました。

ジャンジャン買い目

1レース目の松戸3Rでは3連単1-3-5が的中。46.3倍を射止めまずは92,600円を獲得しました。松戸3Rの実際の結果はこちらです。

そしてその獲得配当を2レース目の佐世保11Rに全額投入。均等に投資しての5点勝負でこちらも見事的中!佐世保11Rの実際の結果はこちらです。

こうして2レースコロガシを成功させた結果、その配当額は986,050円となりました。40万円狙いのコースながら結果としては倍以上の準帯封!最高の一発だったと言えるでしょう。

投資金額は1レース目の10,000円だけだったので、それを差し引くとその利益は976,050円

キャンペーンへの参加費用を考えてもその利益は90万円オーバーとなっており、まさに大勝利でした。

line@

スポンサーリンク




シェアする

フォローする

コメントの入力は終了しました。