予想付きコラム【F1 坂巻正巳杯・日刊スポーツ賞】木暮安由「タテ重視のセッティング」に意欲/取手

(C)2019,Nikkan Sports News.

(C)2019,Nikkan Sports News.

本日ピックアップするニュースは明日から取手競輪場で開催となるF1坂巻正巳杯・日刊スポーツ賞より。記事に取り上げられているのはG1全日本選手権への出場が決まっている木暮安由選手だ。その大きな大会を前にしての今回の3日間は非常に大事になるため、前検日の今日、それを見据えての大荷物を抱えて検車場に登場したようだ。

<取手競輪>◇F1◇前検日◇22日

木暮安由(33=群馬)は次戦のG1全日本選抜(2月8~11日)を見据えた3日間を迎える。大荷物を抱えて検車場に登場すると「今回は自転車全体で試すことがたくさんある」と話し、検車の準備を始めていた。立川G3から約2週間あり、セッティングを見直す時間はたっぷりあったという。

「もともと自力のセッティングですけど、昔の先行まくりの頃のセッティングにしてきた。練習の感じが良かったので。タテ重視のセッティングですね」とニヤリ。初日特選は目標不在な上に太田竜馬の先行1車のメンバー。タテ足勝負で打開する算段だ。

引用元:日刊スポーツ

その大荷物はもちろん、全日本選抜を見据えたセッティングの見直しのためのパーツ等々のようだ。前場所の立川G3から今場所までも2週間の時間があり、調整に余念が無いようだ。本人曰く、元々自力のセッティングだがそこを更に昔行っていた先行まくり時代のセッティングにしてきたとの事。練習でも感じが良く、まずは今場所でその手応えを掴みたいようだ。初日特選は追込タイプの選手ばかりで先行タイプは太田竜馬選手くらいという事で、やはり小暮選手の引っ張る関東ラインが勝負のカギを握りそうだ。

引用元:https://www.nikkansports.com/public_race/news/201901220000468.html

F1 日刊スポーツ賞 初日 11R S級初特選予想

本日提供の予想はニュースコラムで取り上げた木暮安由選手の登場する11RのS級初特選より。アオケイの予想ではやはり大本命は前場所でもセミ完全Vで別府F1を優勝している太田竜馬選手となっており、その点についてはあまり反論の余地はないだろう。相手としてはその番手に入る岩津選手では少々弱い気がするのでそこは切り、関東ライン中心に。小暮選手多めで良いだろう。

1/23取手11R予想
1=7=9
2=7=9
3=7=8

当サイトの予想は信用ならない、3連単の買い目が欲しい等の方は、当サイトで紹介している優良予想サイトの利用もお勧めする。

[PR]

現在のイチオシ予想サイト

当サイトで的中情報を調査中のサイトの中で、現在のイチオシは競輪予想サイト「競輪ジャンジャン」です!

競輪ジャンジャンは見ての通り某有名週刊少年誌のロゴにそっくり。いわゆるパロディサイト的なノリですがその競輪予想は本格派です!

的中事例として紹介するのは2020年2月12日(水)に提供された有料情報の「DRAGON WHEEL」より。実際にロゴを見てもらえば分かりますがこのキャンペーンのパロディ元は7つの玉を集めたりする世界的にも超人気のバトル系少年マンガとなっています。

このキャンペーンは2レースのコロガシで40万円前後を狙うというコンセプトとなっています。この日に提供されたのは松戸3Rから佐世保11Rへのコロガシで、1レースあたり5点の提供となりました。

ジャンジャン買い目

1レース目の松戸3Rでは3連単1-3-5が的中。46.3倍を射止めまずは92,600円を獲得しました。松戸3Rの実際の結果はこちらです。

そしてその獲得配当を2レース目の佐世保11Rに全額投入。均等に投資しての5点勝負でこちらも見事的中!佐世保11Rの実際の結果はこちらです。

こうして2レースコロガシを成功させた結果、その配当額は986,050円となりました。40万円狙いのコースながら結果としては倍以上の準帯封!最高の一発だったと言えるでしょう。

投資金額は1レース目の10,000円だけだったので、それを差し引くとその利益は976,050円

キャンペーンへの参加費用を考えてもその利益は90万円オーバーとなっており、まさに大勝利でした。

スポンサーリンク




シェアする

フォローする

コメントの入力は終了しました。