予想付きコラム【G3 鳳凰賞典レース】清水裕友が鋭く追い込んで2度目のG3制覇/立川

(C)2019,Nikkan Sports News.

(C)2019,Nikkan Sports News.

本日ピックアップするニュースは今日幕を閉じた立川競輪場で行われていたG3鳳凰賞典レースより。記事に取り上げられているのは最終日12RのS級決勝で快勝し、2度目のG3制覇を成し遂げた清水裕友選手だ。前回のG3初制覇は去年11月の防府という事で初制覇からかなり早いペースでの優勝となった。

<立川競輪:鳳凰賞典レース>◇G3◇最終日◇7日

清水裕友(24=山口)が、3番手から直線外を一気に伸びて快勝。昨年11月の防府以来、2度目のG3制覇を飾った。

レースは竹内雄作-浅井康太の中部勢が先制。清水がその3番手をキープ。他ラインの反撃は不発で、前3人による直線勝負。3番手から先に踏み込んだ清水が、鋭い脚勢で前2人をとらえて優勝。2着に浅井、3着には竹内が粘った。

払戻金は、2車単(1)(2)590円、3連単(1)(2)(7)3080円。

レース自体ははっきり言えば中部勢ラインの圧勝で、他のラインは付け入る隙が無く、結局ラインで決まってしまった。勝ったのは3番手を走っていた清水選手、2着には浅井康太選手、3着には竹内雄作となった。

この優勝により優勝賞金360万円を手にした清水選手、新年最初のG3は最高の結果に終わり、今年一年の活躍が期待出来そうだ。浅井康太選手は元より、中部勢では清水裕友選手からも目が離せない一年になるかもしれない。

引用元:https://www.nikkansports.com/public_race/news/201901070000597.html

F1 e‐SHINBUN杯 初日 12R S級初特選予想

本日提供の予想はニュースコラムで取り上げた鳳凰賞典レースは終了したため、明日から奈良競輪場で開催となるe‐SHINBUN杯より。この中から12RのS級初特選をチョイスした。このレースは山崎賢人選手、郡司浩平選手、三谷将太選手となかなかの豪華なメンバーとなっている。当然、山崎、郡司の両名は軸にするのに不足は無いだろうが、全体的にもレベルが高いため悩むところ。山崎選手はとりあえず軸、郡司選手は欠場明けという事で1つは外してみる事にした。

1/8奈良12R予想
2=7=9
3=7=9
2=3=7

当サイトの予想は信用ならない、3連単の買い目が欲しい等の方は、当サイトで紹介している優良予想サイトの利用もお勧めする。

[PR]

コメントの入力は終了しました。