予想付きコラム【G3ひろしまピースカップ】吉田昌司G3初参戦初勝利に「気持ちがいい」/広島

(C)2018,Nikkan Sports News.

(C)2018,Nikkan Sports News.

<広島競輪:ひろしまピースカップ>◇G3◇初日◇6日

7月にS級に特昇した吉田昌司(21=茨城)が1予2Rで、大石崇晴の逃げを豪快にまくって1着。初のG3参戦で初勝利を挙げた。「8番(大石)の動きに付いていけなかったし、ラインで決められなかったので反省点ばかりです。それでも最近2着ばっかり(6場所連続の予選2着)だったので、1着は気持ちがいいですね」と笑った。109期吉田拓矢の弟は、明るさと天真らんまんが売り。「兄にはまだ早いと言われてますが、これを弾みに決勝進出を目指したい」と今節の目標を誓った。

勝利したものの大石選手の動きに付いて行けなかった、ラインで決められなかったと反省点を口にするもののやはり記事の通り6場所連続の予選2着という流れもあってか、かなり嬉しそうだった。兄である109期の吉田拓矢選手にも今回の勝利は報告したようで、決勝進出を口にしたところ「まだ早い」と気の早さを諌められてしまったようだ。

G3初出場初勝利を飾った吉田昌司選手は明日の2日目、8RのS級二予選に登場。斉藤竜也選手、三登誉哲選手といった強敵も多い。決勝進出に向けての戦いは厳しさを増して行きそうだ。

引用元:https://www.nikkansports.com/public_race/news/201812060000396.html

G3 ひろしまピースカップ 2日目 8R S級二予選予想

本日提供の予想はニュースコラムで取り上げた吉田昌司選手の登場する2日目8RのS級二予選より。いきなり余談だが明日のこの8Rの情報をKEIRIN.JPで見ると周りの選手のせいか、吉田選手の公式写真の素朴さが更に際立って見える気がする。おにぎりをあげたくなる素朴さだ。話が逸れたが、この2日目8Rで今日のように吉田選手が勝利するのはなかなか厳しそうだ。競走得点、勝率や連対率の平均レベルは初日2Rよりも遥かに高い。このレースでの本命は斉藤竜也選手となるだろう。初日は5着だったが特選メンバー相手となればある程度は仕方ないだろう。相手としてはS1級や地元広島の2名辺りからチョイス。

12/7広島8R予想
2=6=9
3=6=9
4=7=9

当サイトの予想は信用ならない、3連単の買い目が欲しい等の方は、当サイトで紹介している優良予想サイトの利用もお勧めする。

[PR]

コメントの入力は終了しました。