予想付きコラム【F1スポーツニッポン杯】伏見俊昭、ダービー出場権獲得へ賞金アップ/取手

(C)2018,Nikkan Sports News.

(C)2018,Nikkan Sports News.

本日ピックアップするニュースは明日から取手競輪場で開催となるF1スポーツニッポン杯より。記事に取り上げられているのはダービー22回連続出場中の伏見俊昭選手だ。

怪我の影響もありダービーの選考基準から考えると正直ボーダーラインギリギリである伏見選手、選考までの残り2ヶ月でなんとか獲得賞金を上乗せし、23回目の出場にこぎつけたい所だろう。

<取手競輪>◇F1◇前検日◇29日

日本選手権(ダービー)に22回連続出場している伏見俊昭(42=福島)が気合十分で今節を迎えた。

2019年5月に開催されるダービーの選手選考は、2018年2月から2019年1月までの獲得賞金を基にして162人が選ばれる。

伏見はこのボーダー上に位置していて「あと2カ月。何とか賞金額を上げないと駄目だね」と話した。不調の原因になった右鎖骨骨折から立ち直り、近況はF1戦で3場所続けて決勝進出と安定感も高まる。

特選11Rは同様に賞金額アップへ勝負駆けの阿部拓真を3番手でガード。直線の強襲に懸ける。

本人としてもダービー出場の為には賞金額の上乗せが必須な事は重々理解しているようで、怪我の影響も消えF1戦では3場所続けての決勝進出と好調。明日初日の特選11Rでは4番から。アオケイ提供の予想印では注となっている。コメントからも分かるが阿部ー飯野ー伏見の東北勢でラインを形成するようで、ライバルは関東勢のラインとなるだろうか。

F1スポーツニッポン杯 初日 11R S級初特選予想

本日提供の予想はニュースコラムで取り上げた伏見俊昭選手の登場する11RのS級初特選より。コラム部分でも書いたがこのレースのキモは恐らく東北ラインと関東ラインになるだろう。そうそうラインでは決まらないとは思うのだが、この2ラインをそれぞれ丸ごと買うのも悪くない選択肢かもしれない。個人個人で見た場合は勝率連対率でハイレベルな金子選手、地元バンクで地の利があり競走得点も高い横山選手辺りが気になるところ。今回は思い切ってラインで買って見る事にする。

11/30取手11R予想
1=7=4
2=5=7
2=5=9

当サイトの予想は信用ならない、3連単の買い目が欲しい等の方は、当サイトで紹介している優良予想サイトの利用もお勧めする。

[PR]

現在のイチオシ予想サイト

当サイトで的中情報を調査中のサイトの中で、現在のイチオシは競輪予想サイト「競輪ジャンジャン」です!

競輪ジャンジャンのモチーフはロゴからピンと来る人も居るかもしれませんが、某週刊少年誌のようです。ただプラン名に関しては他の少年誌のものもチラホラ・・・

今回紹介する的中事例は2020年10月9日の金曜日に提供された有料コースの「DRAGON WHEEL」からとなります。

競輪ジャンジャンの特徴の一つとしてコロガシを行うプランが少ない事が挙げられますが、このDRAGON WHEELについては2レースのコロガシプランとなっています。

この日提供されたのは防府11Rから松戸6Rにかけてのコロガシで、点数はどちらも7点。1レース目への投資額は14,000円でした。

実際の買い目画面がこちらになります。

競輪ジャンジャン買い目

1レース目の防府11Rでは3連単2-3-7での的中。的中買い目への投資額は2,000円、的中倍率は60.7倍でしたので、まずは121,400円の獲得です。防府11Rの実際の結果はこちらです。

そしてその獲得配当を2レース目の松戸6Rに全額投入となります。こちらの結果は3連単9-1-3での的中となりました。松戸6Rの実際の結果はこちらです。

的中買い目への投資額は17,300円、的中倍率は46.7倍でしたので、最終的な配当は807,910円となりました。

コロガシは流石の威力。一発で大金を狙いたいのならばこのプランで決まりでしょう。

スポンサーリンク




シェアする

フォローする

口コミの入力は終了しました。