予想付きコラム【F1日刊スポーツ杯争奪戦】近藤隆司、前場所Vに「展開向きすぎて怖い」/函館

(C)2018,Nikkan Sports News.

(C)2018,Nikkan Sports News.

本日ピックアップするニュースは明日より函館競輪場で開催となるF1日刊スポーツ杯争奪戦の前検日より。記事に取り上げられているのは前場所のいわき平で9ヶ月ぶりの優勝を飾ったS級1班の近藤隆司選手だ。前回の優勝も、何か分からないが流れで優勝してしまった、と本人は感じているらしく、その揺り戻しが来ないか不安になっているようだが…?

<函館競輪>◇F1◇前検日◇15日

幸せすぎて怖い!? 近藤隆司(34=千葉)が再び白星量産態勢に入った。前回のいわき平で今年1月の小田原以来、9カ月ぶりの優勝も飾った。だが本人は「流れだけで勝ててしまっている感じです。練習の感じは70%くらいなのに、500%くらいの成績が出てしまっている。展開が向きすぎて、何か悪いことが起きないか怖い」と苦笑いで近況を振り返った。

もっとも、今年序盤は別府での指定練習中の落車負傷でG1の日本選手権も棒に振るなど、十分すぎるほどの“仕打ち”は受けた。つきものが落ちた今の快進撃は素直に受け入れていいのかも。

記事によると本人的には練習では70%くらいの出来でも、成績が500%出てしまっているという印象のようで、展開に恵まれすぎていると話す。もちろん展開や流れだけで勝てるほど競輪は簡単では無いはずなので、実力だと思うのだが…記者の書いている通り近藤選手は今年落車負傷でG1出場をフイにしているなど、ついていない場面もあったようだが、そこで悪い運気は使い果たした、という事なのだろうか?最近の好調はどう見ても実力だと思うので、自信を持って走ってもらいたい物だ。

引用元:https://www.nikkansports.com/public_race/news/201810150000549.html

F1日刊スポーツ杯争奪戦 初日 11R S級初特選予想

本日提供の予想はニュースコラムで取り上げた近藤隆司選手の登場する11RのS級初特選より。競走得点的に見てもコンピュータの予想でも近藤選手が堂々の◎。記事のコメントではやや弱気とも取れる発言もあったが、実力で勝利しているのは明白で、軸とするのに申し分は無いだろう。相手としては同じ千葉勢から山賀選手、東北勢の斎藤選手辺りが良いだろう。

10/16函館11R予想
1=2=9
2=5=7
2=5=9

当サイトの予想は信用ならない、3連単の買い目が欲しい等の方は、当サイトで紹介している優良予想サイトの利用もお勧めする。

[PR]

現在のイチオシ予想サイト

当サイトで的中情報を調査中のサイトの中で、現在のイチオシは競輪予想サイト「競輪ジャンジャン」です!

競輪ジャンジャンのモチーフはロゴからピンと来る人も居るかもしれませんが、某週刊少年誌のようです。ただプラン名に関しては他の少年誌のものもチラホラ・・・

今回紹介する的中事例は2020年10月9日の金曜日に提供された有料コースの「DRAGON WHEEL」からとなります。

競輪ジャンジャンの特徴の一つとしてコロガシを行うプランが少ない事が挙げられますが、このDRAGON WHEELについては2レースのコロガシプランとなっています。

この日提供されたのは防府11Rから松戸6Rにかけてのコロガシで、点数はどちらも7点。1レース目への投資額は14,000円でした。

実際の買い目画面がこちらになります。

競輪ジャンジャン買い目

1レース目の防府11Rでは3連単2-3-7での的中。的中買い目への投資額は2,000円、的中倍率は60.7倍でしたので、まずは121,400円の獲得です。防府11Rの実際の結果はこちらです。

そしてその獲得配当を2レース目の松戸6Rに全額投入となります。こちらの結果は3連単9-1-3での的中となりました。松戸6Rの実際の結果はこちらです。

的中買い目への投資額は17,300円、的中倍率は46.7倍でしたので、最終的な配当は807,910円となりました。

コロガシは流石の威力。一発で大金を狙いたいのならばこのプランで決まりでしょう。

スポンサーリンク




シェアする

フォローする

口コミの入力は終了しました。