予想付きコラム【G3滝沢正光杯in松戸】佐藤博紀が大会連覇へ「乗り込み」成果出す/松戸

(C)2018,Nikkan Sports News.

(C)2018,Nikkan Sports News.

本日ピックアップするニュースは、明日より松戸競輪場で開催となるG3滝沢正光杯in松戸より。記事に取り上げられているのは昨年10月に、500バンク最後の千葉G3を制した佐藤博紀選手。この500バンク最後の千葉G3というのが元々の滝沢正光杯だったため、ここを勝てば昨年に続き連覇、という事になる。

<松戸競輪:滝沢正光杯in松戸>◇G3◇前検日◇12日

昨年10月に、500バンク最後の千葉G3を制した佐藤博紀(33=岩手)が大会連覇を目指す。

「あの千葉は単騎なのに不思議といい位置をキープできた。今回も頑張りたい」。

G3初Vにもなった昨年の決勝を思い出してテンションが上がる。今年は舞台が違えど、やはり滝沢正光杯のネーミングが耳に心地よく響く。

「今は若手と、へとへとになるまで乗り込んでいる。高木翔や、チャレンジから特昇した藤根俊貴とか。その成果を出したい」。好スタートへ意気込んだ。

記事によるとやはり佐藤選手にとっては滝沢正光杯という名前はG3初Vだった事もあり、印象が強いようら。バンクは違えど気合が入っている事に間違いは無く、それがインタビューからも伺える。最近は若手選手と一緒にかなり追い込んでいるようで、その成果にも期待したいところ。佐藤選手は初日12RのS級初特選に登場。吉澤純平選手という強敵も居るが、なんとか予選突破に向けて上位を狙いたい所だろう。

引用元:https://www.nikkansports.com/public_race/news/201810120000667.html

G3滝沢正光杯in松戸 初日 12R S級初特選予想

1日空けて本日の提供予想はもちろん記事で紹介した佐藤博紀選手が登場するG3滝沢正光杯in松戸の初日12Rからとなる。記事でも少し触れたがやはり強いのは吉澤純平選手と村上義弘選手だろうか。この2選手はとりあえず、という感覚で車券に入れても問題無いだろう。佐藤博紀選手はあまり多くは入れない方が良いと思うが、完全に外すのも少し不安が残る。という事で今回の予想はこちら。

10/13松戸12R予想
1=2=7
2=3=7
3=7=9

当サイトの予想は信用ならない、3連単の買い目が欲しい等の方は、当サイトで紹介している優良予想サイトの利用もお勧めする。

[PR]

現在のイチオシ予想サイト

当サイトで的中情報を調査中のサイトの中で、現在のイチオシは競輪予想サイト「競輪ジャンジャン」です!

競輪ジャンジャンのモチーフはロゴからピンと来る人も居るかもしれませんが、某週刊少年誌のようです。ただプラン名に関しては他の少年誌のものもチラホラ・・・

今回紹介する的中事例は2020年10月9日の金曜日に提供された有料コースの「DRAGON WHEEL」からとなります。

競輪ジャンジャンの特徴の一つとしてコロガシを行うプランが少ない事が挙げられますが、このDRAGON WHEELについては2レースのコロガシプランとなっています。

この日提供されたのは防府11Rから松戸6Rにかけてのコロガシで、点数はどちらも7点。1レース目への投資額は14,000円でした。

実際の買い目画面がこちらになります。

競輪ジャンジャン買い目

1レース目の防府11Rでは3連単2-3-7での的中。的中買い目への投資額は2,000円、的中倍率は60.7倍でしたので、まずは121,400円の獲得です。防府11Rの実際の結果はこちらです。

そしてその獲得配当を2レース目の松戸6Rに全額投入となります。こちらの結果は3連単9-1-3での的中となりました。松戸6Rの実際の結果はこちらです。

的中買い目への投資額は17,300円、的中倍率は46.7倍でしたので、最終的な配当は807,910円となりました。

コロガシは流石の威力。一発で大金を狙いたいのならばこのプランで決まりでしょう。

スポンサーリンク




シェアする

フォローする

口コミの入力は終了しました。