予想付きコラム【G1寛仁親王牌・世界選手権記念】南潤が世界選銀メダルの河端朋之に力勝負挑む/前橋

(C)2018,Nikkan Sports News.

(C)2018,Nikkan Sports News.

本日ピックアップするニュースは明日より前橋競輪場で開催となるG1寛仁親王牌・世界選手権記念の前検日より。記事に取り上げられているのは理事長杯に登場する若き実力派レーサーの南潤選手。全プロ競技1キロTTの優勝で自らつかんだシード権でローズカップを目指す。

<前橋競輪:寛仁親王牌>◇G1◇前検日◇4日

理事長杯に登場する南潤(20=和歌山)が前回の高知G2を「配分が詰まって練習不足だった」と振り返った。

そして続けて「今回はたっぷり練習ができたから大丈夫…。たぶん(笑い)」と自信をのぞかせた。

全プロ競技1キロTTの優勝で自らつかんだシード権。「チャンスを生かしてローズカップへ進みたい」と意欲を見せた。

前橋ドームは高校時代の合宿で「スピードが出るバンク」と経験済み。世界選銀メダルの河端朋之に力勝負を挑む。

前節の高知では練習不足だったが今回はたぶん大丈夫、と自信を見せる南選手、初日12Rの日競選理事長杯から2日目12Rのローズカップ進出を目指し全力だ。G1というだけあって銀メダリストの河端選手以外にも強敵ばかりの12R、KEIRIN.JPの予想印では△と決して高い評価では無いが、たっぷりしてきたという練習の成果をここで発揮しローズカップに進めるか、気になる一戦となるだろう。

引用元:https://www.nikkansports.com/public_race/keirin/tomohito/2018/news/201810040000681.html

G1寛仁親王牌・世界選手権記念 初日 12R S級日競杯予想

例によって本日もニュースコラムで取り上げた主役、南潤選手の登場する初日12RのS級日競選理事長杯から予想を提供する。南潤選手も人気、実力共に申し分無いが、記事でも触れられた世界選銀メダルの河端選手や三谷竜生選手、平原康多選手など、G1に相応しい強敵揃いだ。やはり本命は三谷選手になるだろうか?南選手もインタビューでは自信を見せていたので、合わせて買ってみたい。という感じで今回はこれでどうだろうか。

10/5前橋12R予想
1=2=5
3=5=7
3=5=8

当サイトの予想は信用ならない、3連単の買い目が欲しい等の方は、当サイトで紹介している優良予想サイトの利用もお勧めする。

[PR]

コメントの入力は終了しました。