【G3瑞峰立山賞争奪戦】浅井康太が弾丸まくり通算23度目のG3制覇/富山

(C)2018,Nikkan Sports News.

(C)2018,Nikkan Sports News.

本日ピックアップするのは本日で全てのレースを終え終了したG3瑞峰立山賞争奪戦より。記事に取り上げられているのはS級決勝で豪快なまくりで1着に入り優勝を決めた浅井康太選手。終わってみれば今場所は4戦3勝と素晴らしい結果で優勝となった。

<富山競輪:瑞峰立山賞争奪戦>◇G3◇最終日◇2日

浅井康太(34=三重)が2角4番手からの痛烈まくりで快勝。6月久留米以来、今年2回目、通算23回目のG3優勝を飾った。

レースは片折亮太-平原康多の埼玉勢が先制。この4番手をキープした浅井が2角からの弾丸まくりで逆転した。2着は番手からまくった平原。3着には山中秀将が入った。

払戻金は、2車単(1)(2)870円、3連単(1)(2)(3)3980円。

写真に浅井選手と写っているのは同競輪場のマスコットキャラクター「ライちゃん」らしいが、富山という事でライチョウがモチーフのキャラクターだろうか?見た目はなんだかチョコボールのキャラクターに似ているが…それはさておき、浅井選手は次回9/14から高知競輪場で開催予定のG2第34回共同通信社杯に出場予定となっている。

引用元:https://www.nikkansports.com/public_race/news/201809020000607.html

[PR]

コメントの入力は終了しました。