【G3燦燦ダイヤモンドカップ争奪戦】佐藤一伸31歳誕生日祝う快勝、200勝王手/松戸

(C)2018,Nikkan Sports News.

(C)2018,Nikkan Sports News.

本日ピックアップするニュースは昨日と同じく松戸競輪場で本日から開催となったG3燦燦ダイヤモンドカップ争奪戦から。記事に取り上げられているのは2Rで1着となり199勝目を挙げ200勝まであと1勝となった佐藤一伸選手。なんと佐藤選手は本日が31歳の誕生日でもあったという。

<松戸競輪:燦燦ダイヤモンドカップ争奪戦>◇G3◇初日◇2日

1予2Rは佐藤一伸(福島)が中団まくりを決めて快勝した。8月2日は31歳の誕生日。さらに、この勝利で通算199勝とし、節目の200勝に王手をかけた。

佐藤は「展開が向きました。それと、最近33バンクでのレースが続いていたので、仕掛けのポイントが分かっていました」と照れくさそう。200勝へ意気込みを問われると「今年中達成したいですね」と、笑わせていた。

南関東勢の先行により4番手でチャンスを伺っていた佐藤選手は最終周でまくりをしかける。2番の窓場選手もまくりを狙い打ち合いになるも抜け出したのは佐藤選手。そのまま1着でゴールした。記事によると200勝は今年中、等とジョークを飛び出たが、もちろんこの記録は今場所中に達成してしまう事だろう。31歳になってすぐに200勝としての節目を迎える為に、佐藤選手は明日11Rに出走。9番の吉田拓矢選手がかなりの強敵になると思われるが、明日で200勝という節目を迎えられる可能性は決して低くないだろう。

引用元:https://www.nikkansports.com/public_race/news/201808020000455.html

[PR]

コメントの入力は終了しました。