【F1・S石鳥谷カップ・日刊スポーツ杯】吉本卓仁、好相性のバンクで決勝進出狙う

(C)2018,Nikkan Sports News.

本日から青森競輪場で開催中のF1日刊スポーツ杯。予選10Rで後方から捲って3着に入った吉本卓仁選手のニュースをピックアップする。青森競輪場は吉本選手にとっては15年に2度優勝している得意のバンクだ。

<青森競輪>◇F1◇初日◇14日

青森巧者の吉本卓仁(34=福岡)が準決突破に全力で挑む。当所は15年に2回優勝しているように得意バンク。

予選10Rは後方からまくり、宗景祐樹のブロックを堪えて3着になった。「しのげたのは、バンクと相性の良さがあるんでしょうね。カントが自分に合っているのかな。ただ修正点はある」と、サドルの微調整を始めた。準決11Rは2段駆け態勢の北日本が本線だが、「久留米に冬季移動する佐藤友和さんは練習仲間だけど、勝負は別。合志正臣さんが付いてくれるし、しっかりと仕掛ける」と意気込んだ。

ちなみに同レースでの1着は田中誠選手。まくった吉本選手の後ろに付き、宗景選手の強烈なブロックの隙を突いて抜け出した。あのブロックを受けて3着に食いついた吉本選手実際凄かった。吉本選手は明日2日目の準決勝は競走得点トップとなるが、地元勢の伊藤大志選手や本人も名を挙げた岩手の佐藤友和選手など強力なライバルも居るが、見据える先は得意な青森バンクでまず決勝進出だ。

引用元:https://www.nikkansports.com/public_race/news/201807140000721.html

[PR]

現在のイチオシ予想サイト

当サイトで的中情報を調査中のサイトの中で、現在のイチオシは競輪予想サイト「デボラ競輪」です!

デボラ競輪は比較的新し目の競輪予想サイトですが、個人的には的中率も高く実用的であると評価しています。

「デボラ」の意味はちょっと分かりませんが、競輪の予想のウデは確かです。

今回紹介する的中事例は2020年7月6日の月曜日に提供された有料コースの「ブラックダイヤモンド」からとなります。

デボラ競輪の買い目情報のランク分けはブロンズ→シルバー→ゴールド→プラチナ・・・と貴金属や宝石がモチーフとなっていますが、これは「よくある」ヤツですね。

デボラ競輪の「ダイヤモンド」は最上級クラスの獲得金額が狙えるコースですが、「ブラックダイヤモンド」はミッドナイト専門。極端に大きな配当の出にくいミッドナイト専門だけに、ノーマルなダイヤモンドよりは目標額、そして参加ポイントが控えめな設定となっています。

この日提供された実際の買い目画面がこちらになります。

デボラ競輪買い目

1レース目の松阪2Rでは3連単5-1-4が的中。倍率は低く14.7倍、投資額は2,000円だったのでまずは29,400円を獲得しました。松阪2Rの実際の結果はこちらです。

そしてその獲得配当を2レース目の小倉6Rに全額投入となります。1レース目の配当は少々心もとないものでしたが、均等に投資しての5点勝負でこちらも見事的中!小倉6Rの実際の結果はこちらです。

小倉6Rでは万車券を射止める事に成功、倍率は128.4倍、的中買い目への投資額は5,800円という事でその最終的な配当額は744,720円となりました。

ブラックダイヤモンドの目標額は70万円に設定されていますので、見事に目標達成です。正直、1レース目の結果からは目標達成のイメージが湧きませんでしたが、万車券を的中させたのはお見事でした。

デボラ競輪は無料情報も毎日配信していますので、是非チェックしてみて下さい。

スポンサーリンク




シェアする

フォローする

コメントの入力は終了しました。