【F1デイリースポーツ杯】小埜正義、大先輩・鈴木誠に惜別の勝利誓う

(C)2018,Nikkan Sports News.

昨日9日に左股関節痛での引退を決めたG1計4冠の鈴木誠選手。輪史に残る大スターと言える選手の引退は、競輪界に大きな衝撃を与えた。同じ千葉勢の小埜正義も寝耳に水だったようで、ショックを隠せないでいたようだ。本日ピックアップするニュースは現在F1デイリースポーツ杯に出場中のその小埜正義選手の記事となる。

<取手競輪>◇F1◇初日◇10日

小埜正義(37=千葉)がショックを乗り越えて2場所連続の決勝進出を果たす。

10日、新聞報道で地元の大先輩・鈴木誠選手(53)の現役引退を知り、「全然知らなかった。まさか、やめるとは…。ほとんど(周りの)誰にも言っていなかったみたい。目標にしてきた人だし、本当に残念です」と肩を落とした。それでも、予選8Rでは6番手からまくり気味に追い込み2着に入線しており、体は動いている。

準決9Rは大塚英伸を連れて自力勝負。「心は“マコト・ロス”ですけど、レースでは頑張りますよ」と大先輩に送る惜別の勝利を誓った。

記事によると鈴木選手は自身の引退について誰にも話していなかったようで、ショックを隠せなかったようだが、予選8Rでは2着に入線し、ショックは受けつつもレースではしっかりとした走りを見せた。明日準決9Rでは5番で出場。印は×とやや低めの評価がされているが、車券に絡む可能性は充分あると言って良いだろう。松岡健介選手を軸にしつつ、小埜選手も相手として加えるのは悪い選択肢では無いと言える。

引用元:https://www.nikkansports.com/public_race/news/201807100000777.html

[PR]

現在のイチオシ予想サイト

当サイトで的中情報を調査中のサイトの中で、現在のイチオシは競輪予想サイト「競輪ジャンジャン」です!

競輪ジャンジャンは見ての通り某有名週刊少年誌のロゴにそっくり。いわゆるパロディサイト的なノリですがその競輪予想は本格派です!

的中事例として紹介するのは2020年2月12日(水)に提供された有料情報の「DRAGON WHEEL」より。実際にロゴを見てもらえば分かりますがこのキャンペーンのパロディ元は7つの玉を集めたりする世界的にも超人気のバトル系少年マンガとなっています。

このキャンペーンは2レースのコロガシで40万円前後を狙うというコンセプトとなっています。この日に提供されたのは松戸3Rから佐世保11Rへのコロガシで、1レースあたり5点の提供となりました。

ジャンジャン買い目

1レース目の松戸3Rでは3連単1-3-5が的中。46.3倍を射止めまずは92,600円を獲得しました。松戸3Rの実際の結果はこちらです。

そしてその獲得配当を2レース目の佐世保11Rに全額投入。均等に投資しての5点勝負でこちらも見事的中!佐世保11Rの実際の結果はこちらです。

こうして2レースコロガシを成功させた結果、その配当額は986,050円となりました。40万円狙いのコースながら結果としては倍以上の準帯封!最高の一発だったと言えるでしょう。

投資金額は1レース目の10,000円だけだったので、それを差し引くとその利益は976,050円

キャンペーンへの参加費用を考えてもその利益は90万円オーバーとなっており、まさに大勝利でした。

スポンサーリンク




シェアする

フォローする

コメントの入力は終了しました。