【G1高松宮記念杯】菅田壱道2回目G1決勝「緊張感を持って」

(C)2018,Nikkan Sports News.

本日6/17に幕を閉じたG1高松宮記念杯競輪。その3日目にあたる6/16のニュースをピックアップ。記事の主役は菅田壱道選手。準決9Rで2着に入り自身2度目となるG1決勝に進出した。

<岸和田競輪:高松宮記念杯>◇G1◇3日目◇16日

菅田壱道が準決9Rで外を伸びて2着に入り、16年松戸オールスター以来、2回目のG1決勝に進んだ。

新山響平に勢いをもらった菅田は、巧みなコース取りからゴール前でグイッと伸びた。「松戸では先輩(新田祐大)に連れて行ってもらったけど、緊張感もなく駄目だった。今回は緊張感を持って臨みたい」。単騎の戦いを強いられるが、好調な走りで一発を狙う。

今回の決勝は連携相手もおらず単騎でのレースになる模様だ。しかし、それがかえって緊張感を出し菅田選手にとってはプラスになるだろうか?高松宮記念杯決勝は本日行われた。菅田選手は優勝戦では何着になっただろうか?結果を見てみると菅田選手は惜しくも4着だった。優勝は三谷竜生選手、2着は脇本雄太選手、3着は原田研太朗選手だった。

引用元:https://www.nikkansports.com/public_race/keirin/takamatsunomiya/2018/news/201806170000224.html

[PR]

現在のイチオシ予想サイト

当サイトで的中情報を調査中のサイトの中で、現在のイチオシは競輪予想サイト「デボラ競輪」です!

デボラ競輪は比較的新し目の競輪予想サイトですが、個人的には的中率も高く実用的であると評価しています。

「デボラ」の意味はちょっと分かりませんが、競輪の予想のウデは確かです。

今回紹介する的中事例は2020年7月6日の月曜日に提供された有料コースの「ブラックダイヤモンド」からとなります。

デボラ競輪の買い目情報のランク分けはブロンズ→シルバー→ゴールド→プラチナ・・・と貴金属や宝石がモチーフとなっていますが、これは「よくある」ヤツですね。

デボラ競輪の「ダイヤモンド」は最上級クラスの獲得金額が狙えるコースですが、「ブラックダイヤモンド」はミッドナイト専門。極端に大きな配当の出にくいミッドナイト専門だけに、ノーマルなダイヤモンドよりは目標額、そして参加ポイントが控えめな設定となっています。

この日提供された実際の買い目画面がこちらになります。

デボラ競輪買い目

1レース目の松阪2Rでは3連単5-1-4が的中。倍率は低く14.7倍、投資額は2,000円だったのでまずは29,400円を獲得しました。松阪2Rの実際の結果はこちらです。

そしてその獲得配当を2レース目の小倉6Rに全額投入となります。1レース目の配当は少々心もとないものでしたが、均等に投資しての5点勝負でこちらも見事的中!小倉6Rの実際の結果はこちらです。

小倉6Rでは万車券を射止める事に成功、倍率は128.4倍、的中買い目への投資額は5,800円という事でその最終的な配当額は744,720円となりました。

ブラックダイヤモンドの目標額は70万円に設定されていますので、見事に目標達成です。正直、1レース目の結果からは目標達成のイメージが湧きませんでしたが、万車券を的中させたのはお見事でした。

デボラ競輪は無料情報も毎日配信していますので、是非チェックしてみて下さい。

スポンサーリンク




シェアする

フォローする

コメントの入力は終了しました。