【G3五稜郭杯争奪戦】和田健太郎V 次戦高松宮杯で初のG1奪取だ

(C)2018,Nikkan Sports News.

昨日6/5に最終日だったG3五稜郭杯争奪戦の結果のニュースをピックアップする。今回の五稜郭杯争奪戦、優勝したのはS級1班和田健太郎選手。千葉県出身の37才の選手だ。和田選手は今回が初のG3優勝となった。

<函館競輪:五稜郭杯争奪戦>◇G3◇最終日◇5日

和田健太郎(37=千葉)が、うれしいG3初Vを決めた。また、9RのレインボーカップA級ファイナルは日野博幸が制し、大竹慎吾と三登誉哲の3人がS級特昇を決めた。

函館の夜空に、力強く右拳を突き上げた。「取れると思っていなかった。郡司君が普段から南関の先頭を切ってやってくれているおかげ。この場にいられるのもみんなの支えがあったから」。3度宙に舞いながら、支えてくれた仲間への感謝をかみしめていた。

5月日本選手権でも決勝に進み、今や南関屈指の追い込みになった。「もっと信頼されるように。見せるところは見せたい」。次戦は高松宮記念杯。南関結束の要となって、初のG1タイトル奪取へと突き進む。

次戦は今月14日から開催されるG1高松宮記念杯競輪。この勢いのままG1初勝利を目指す。当然グレードも上がる分、ライバルも強力となるだろうが、その追い込みで存分に戦い抜く事だろう。余談ではあるが冒頭の写真の注意書きには(右から4番目が和田選手)との注意書きが添えられていた。それは、分かるだろう書かなくても。

引用元:https://www.nikkansports.com/public_race/news/201806060000260.html

[PR]

現在のイチオシ予想サイト

当サイトで的中情報を調査中のサイトの中で、現在のイチオシは競輪予想サイト「競輪ジャンジャン」です!

競輪ジャンジャンは見ての通り某有名週刊少年誌のロゴにそっくり。いわゆるパロディサイト的なノリですがその競輪予想は本格派です!

的中事例として紹介するのは2020年2月12日(水)に提供された有料情報の「DRAGON WHEEL」より。実際にロゴを見てもらえば分かりますがこのキャンペーンのパロディ元は7つの玉を集めたりする世界的にも超人気のバトル系少年マンガとなっています。

このキャンペーンは2レースのコロガシで40万円前後を狙うというコンセプトとなっています。この日に提供されたのは松戸3Rから佐世保11Rへのコロガシで、1レースあたり5点の提供となりました。

ジャンジャン買い目

1レース目の松戸3Rでは3連単1-3-5が的中。46.3倍を射止めまずは92,600円を獲得しました。松戸3Rの実際の結果はこちらです。

そしてその獲得配当を2レース目の佐世保11Rに全額投入。均等に投資しての5点勝負でこちらも見事的中!佐世保11Rの実際の結果はこちらです。

こうして2レースコロガシを成功させた結果、その配当額は986,050円となりました。40万円狙いのコースながら結果としては倍以上の準帯封!最高の一発だったと言えるでしょう。

投資金額は1レース目の10,000円だけだったので、それを差し引くとその利益は976,050円

キャンペーンへの参加費用を考えてもその利益は90万円オーバーとなっており、まさに大勝利でした。

スポンサーリンク




シェアする

フォローする

コメントの入力は終了しました。