【G3五稜郭杯争奪戦】武田豊樹、復帰戦で猛烈タテ足見られるか

(C)2018,Nikkan Sports News.

函館競輪場で本日から開催されているG3五稜郭杯争奪戦。昨日の前検日のニュースをピックアップする。

<函館競輪:五稜郭杯争奪戦>◇G3◇前検日◇1日

武田豊樹が約40日ぶりに復帰する。

失格による「あっせんをしない処置」で5月を全休。その分、ここに向けてじっくりと乗り込んできた。「まだ(昨年の)骨盤骨折の影響で気になるところはあるけど、練習メニューはしっかりこなしてきた」と力強い。特選11Rは木暮安由の番手を回る。「G1優勝を目標にしているので、常に自力を出す準備はしている」なら、展開次第で直線は強烈なタテ足が見られるかもしれない。

記事の通り失格による処置で5月全休となった武田豊樹選手が約40日ぶりに復帰。久々の実戦となるが目標はG1優勝との事なので、ここではしっかりと成績を残したい。そんな武田豊樹選手は本日初日特選11Rに出場したが、1着は木暮安由選手。武田豊樹選手は対抗の印は付くも5着という結果だった。

引用元:https://www.nikkansports.com/public_race/news/201806020000235.html

[PR]

コメントの入力は終了しました。