予想付きコラム【F1 水都杯争奪戦・中京スポーツ杯】小橋秀幸、けがの功名で内を突き勝利/大垣

(C)2019,Nikkan Sports News.

(C)2019,Nikkan Sports News.

写真暗すぎない?…本日ピックアップするニュースは昨日に引き続き大垣競輪場のF1水都杯争奪戦・中京スポーツ杯より。記事に取り上げられているのは今日の予選7Rで最終4コーナーから伸びて1着となり、準決勝1番乗りを決めた青森の小橋秀幸選手だ。元々考えていたレースプラン通りに事が運ばなかったようだが、逆にそれが功を奏し「けがの功名」での1着だったようだ。これは筆者としても想定外の展開で、昨日出した予想は全くかすりもしなかった。

<大垣競輪>◇F1◇初日◇15日

予選7Rは小橋秀幸(39=青森)が最終4角から内を伸びて準決一番乗りを決めた。

レースプランは「先行しそうな吉田昌司君ラインの後ろを取って、そこからと思っていた」。実戦では先頭に出て吉田ラインを待とうとした瞬間に、インを突いた日野博幸-塚本大樹に出られてしまった。それが逆にけがの功名。すんなり3番手に収まり、吉田のまくりをけん制する塚本が振った瞬間にインに飛び込み、絶好のコースが開いた。小橋は「自分で動いて何とかしようと思ったけど…。結果オーライですね」と苦笑い。10年12月には完全Vの実績もある好相性のバンクだ。準決も目が離せない。

引用元:日刊スポーツ

筆者としても想定外の展開、と書いたが筆者に限らずだったようでこの初日の予選7Rは結果として3連単で294,560円の特大車券となった。これを獲れていたら相当美味しかったはずだが…なかなかこれを当てるのは厳しいだろう。落車も3名という事もあり実に荒れた展開となった。本人的には自分で動いて何とかしようと思ったとの事だが、結果オーライのタナボタ展開には苦笑が漏れた。記事の通り好相性のバンクという事もあり、準決勝でも一発があるかもしれない。

引用元:https://www.nikkansports.com/public_race/news/201901150000352.html

F1 水都杯争奪戦・中京スポーツ杯 2日目 9R S級準決勝予想

本日提供の予想はニュースコラムで取り上げた小橋秀幸選手の登場する9RのS級準決勝選より。初日予選では驚きの一発で29万車券を演出した小橋選手だが、今日ほど荒れるレースにはそうそうならないと思われるため、ここは通常通り大きい当たり狙わずいつも通り堅実に、だ。当然、軸は7番の山中秀将選手決め打ちしても良いだろう。相手としてはその番手に入る伊勢崎選手も押さえておきたい。他の相手としては2番の荒井選手、無印ながら9番の吉永選手も侮れないだろう。

1/16大垣9R予想
1=2=7
1=3=7
3=7=9

当サイトの予想は信用ならない、3連単の買い目が欲しい等の方は、当サイトで紹介している優良予想サイトの利用もお勧めする。

[PR]

現在のイチオシ予想サイト

当サイトで的中情報を調査中のサイトの中で、現在のイチオシは競輪予想サイト「競輪ジャンジャン」です!

競輪ジャンジャンは見ての通り某有名週刊少年誌のロゴにそっくり。いわゆるパロディサイト的なノリですがその競輪予想は本格派です!

的中事例として紹介するのは2020年2月12日(水)に提供された有料情報の「DRAGON WHEEL」より。実際にロゴを見てもらえば分かりますがこのキャンペーンのパロディ元は7つの玉を集めたりする世界的にも超人気のバトル系少年マンガとなっています。

このキャンペーンは2レースのコロガシで40万円前後を狙うというコンセプトとなっています。この日に提供されたのは松戸3Rから佐世保11Rへのコロガシで、1レースあたり5点の提供となりました。

ジャンジャン買い目

1レース目の松戸3Rでは3連単1-3-5が的中。46.3倍を射止めまずは92,600円を獲得しました。松戸3Rの実際の結果はこちらです。

そしてその獲得配当を2レース目の佐世保11Rに全額投入。均等に投資しての5点勝負でこちらも見事的中!佐世保11Rの実際の結果はこちらです。

こうして2レースコロガシを成功させた結果、その配当額は986,050円となりました。40万円狙いのコースながら結果としては倍以上の準帯封!最高の一発だったと言えるでしょう。

投資金額は1レース目の10,000円だけだったので、それを差し引くとその利益は976,050円

キャンペーンへの参加費用を考えてもその利益は90万円オーバーとなっており、まさに大勝利でした。

スポンサーリンク




シェアする

フォローする