予想付きコラム【F1 日刊スポーツ杯】成清貴之が木暮後位でチャンス待つ/四日市

(C)2019,Nikkan Sports News.

(C)2019,Nikkan Sports News.

本日ピックアップするニュースは明日から四日市競輪場で行われるF1日刊スポーツ杯より。記事に取り上げられているのは初日特選で関東ラインの3番手を選択した成清貴之選手だ。記事はその3番手を選択した理由について語るもの…かと思いきや、メインの話は全く違う話であった。

<四日市競輪>◇F1◇前検日◇1日

成清貴之(45=千葉)は初日特選で山岸佳太-木暮安由の3番手を選択した。「前の2人にはどっちも世話になっている。何でもできる木暮の後ろなら、3番手という感じもしない」と理由を明かした。

その後、愛息・龍之介(19=千葉)が競輪学校117期生として合格した話を振られて「最近、7割がその話題。オレと違って息子は草食系だから、そこが心配」と苦笑いで話した。同期で学校時代からしのぎを削った渡辺晴智ジュニア(雅也=18)も同期合格。「晴智は学校時代から雲の上の人だった。でも、息子には負けてほしくないね」とパパの顔に。

引用元:日刊スポーツ

という感じで、3番手を選択した理由についてはさらっと流し、話のメインは117期生として合格した息子の成清龍之介選手についての話になった。本人も最近は7割がその話題だと話す貴之選手、同期のライバル渡辺晴智選手の息子も同期合格という事でそちらには負けて欲しくないと父親らしい顔を覗かせる一幕もあったようだ。レースの話に戻すと初日は関東ラインの3番手という事で直線勝負に懸ける事になるであろう成清貴之選手。中部競輪提供の予想印では無印となっているが、まずは準決進出を目指す。

引用元:https://www.nikkansports.com/public_race/news/201903010000374.html

F1 日刊スポーツ杯 初日 11R S級初特選予想

本日提供の予想はコラムで取り上げた成清貴之選手が登場する初日11RのS級初特選より。中部競輪の予想印では本命は関東ラインの2番手である小暮安由選手。近畿ラインの2名は無印ながら怖い存在、対抗印は香川の香川雄介選手となかなか混戦になりそうな気もしている。それぞれのラインの2番手勢を中心に車券を考え、サブとして静岡G3準優勝の南修二選手等も加える。

3/2四日市11R予想
2=3=5
2=5=7
3=7=8

当サイトの予想は信用ならない、3連単の買い目が欲しい等の方は、当サイトで紹介している優良予想サイトの利用もお勧めする。

[PR]

現在のイチオシ予想サイト

当サイトで的中情報を調査中のサイトの中で、現在のイチオシは競輪予想サイト「競輪ジャンジャン」です!

競輪ジャンジャンは見ての通り某有名週刊少年誌のロゴにそっくり。いわゆるパロディサイト的なノリですがその競輪予想は本格派です!

的中事例として紹介するのは2020年2月12日(水)に提供された有料情報の「DRAGON WHEEL」より。実際にロゴを見てもらえば分かりますがこのキャンペーンのパロディ元は7つの玉を集めたりする世界的にも超人気のバトル系少年マンガとなっています。

このキャンペーンは2レースのコロガシで40万円前後を狙うというコンセプトとなっています。この日に提供されたのは松戸3Rから佐世保11Rへのコロガシで、1レースあたり5点の提供となりました。

ジャンジャン買い目

1レース目の松戸3Rでは3連単1-3-5が的中。46.3倍を射止めまずは92,600円を獲得しました。松戸3Rの実際の結果はこちらです。

そしてその獲得配当を2レース目の佐世保11Rに全額投入。均等に投資しての5点勝負でこちらも見事的中!佐世保11Rの実際の結果はこちらです。

こうして2レースコロガシを成功させた結果、その配当額は986,050円となりました。40万円狙いのコースながら結果としては倍以上の準帯封!最高の一発だったと言えるでしょう。

投資金額は1レース目の10,000円だけだったので、それを差し引くとその利益は976,050円

キャンペーンへの参加費用を考えてもその利益は90万円オーバーとなっており、まさに大勝利でした。

スポンサーリンク




シェアする

フォローする

コメントの入力は終了しました。