予想付きコラム【F1 日刊スポーツ杯争奪戦】長井優斗がシャープに差し切り「心強かった」/玉野|日刊スポーツ

(C)2019,Nikkan Sports News.

(C)2019,Nikkan Sports News.

本日ピックアップするニュースは今日から玉野競輪場で開催となったナイター戦、F1日刊スポーツ杯争奪戦より。

記事に取り上げられているのは今日の初日のオープニングレースである1Rで今井聡選手との連係で勝利を掴んだ長井優斗選手だ。今井選手は惜しくも3着という事でワンツーとはならなかったものの、まさに上出来な結果だったと言って良いだろう。

日刊スポーツ杯オープニング1Rは長井優斗(32=東京)が、今井聡をマークしてシャープに差し切った。

長井は「今井君がいいタイミングで行ってくれた。野口(正則)君がまくってくるのが見えたので外をけん制しながら前に踏ませてもらった」と思惑通りの展開ににんまり。

先行した今井は「4車なので心強かった。自分のやれることはできた」と予選突破に満足げだった。

日刊スポーツ

今井選手の仕掛けのタイミングが抜群だった事もあり、思ったとおりの展開で差し切り勝利に笑顔をみせていたようだ。

2着には長井選手が「まくってくるのが見えた」と語る野口選手が入線。4着にはその野口選手の番手に入った吉野選手と実質的に東京コンビと近畿勢のガチンコ勝負となった。

北日本勢との連係で4車となった事も功を奏した模様で、逃げた今井選手は安心して走り自分の仕事が出来たとの事だ。

明日以降、再び連係の機会に恵まれれば今度はワンツーを決めるかもしれないと思わせるほど、良いデキだったと言えるだろう。

引用元:https://www.nikkansports.com/public_race/keirin/nikkan_tamano/2020/news/202003230000412.html

F1 東京中日スポーツ杯 最終日 11R S級決勝予想

本日提供の予想は記事に取り上げたF1日刊スポーツ杯争奪戦は記事をアップする段階でまだ初日のレース中という事で、明日が最終日となる大宮競輪場のF1東京中日スポーツ杯、その最終レースとなるS級決勝11Rより。

準決で自力タイプが複数脱落した事で、吉澤純平選手の先行一車となったこの決勝。そうなれば吉澤選手の独壇場と言っても過言ではなく、ここは番手に入る池田選手と合わせてしっかり押さえたい所。

ワンツーは射程圏内ながら3番手の櫻井選手までのズブズブはちょっと厳しそうか。

別線からは目標なしで自力選択の岩津選手や単騎選択の小酒選手あたりが狙い目になるだろう。

3/24 大宮11R 3連単フォーメーション
1着 5
2着 1、3
3着 1、3、8

当サイトの予想は信用ならない、他のレースの予想も欲しいという方は、当サイトで紹介している優良予想サイトの利用もお勧めする。

現在のイチオシ予想サイト

当サイトで的中情報を調査中のサイトの中で、現在のイチオシは競輪予想サイト「競輪ジャンジャン」です!

競輪ジャンジャンは見ての通り某有名週刊少年誌のロゴにそっくり。いわゆるパロディサイト的なノリですがその競輪予想は本格派です!

的中事例として紹介するのは2020年2月12日(水)に提供された有料情報の「DRAGON WHEEL」より。実際にロゴを見てもらえば分かりますがこのキャンペーンのパロディ元は7つの玉を集めたりする世界的にも超人気のバトル系少年マンガとなっています。

このキャンペーンは2レースのコロガシで40万円前後を狙うというコンセプトとなっています。この日に提供されたのは松戸3Rから佐世保11Rへのコロガシで、1レースあたり5点の提供となりました。

ジャンジャン買い目

1レース目の松戸3Rでは3連単1-3-5が的中。46.3倍を射止めまずは92,600円を獲得しました。松戸3Rの実際の結果はこちらです。

そしてその獲得配当を2レース目の佐世保11Rに全額投入。均等に投資しての5点勝負でこちらも見事的中!佐世保11Rの実際の結果はこちらです。

こうして2レースコロガシを成功させた結果、その配当額は986,050円となりました。40万円狙いのコースながら結果としては倍以上の準帯封!最高の一発だったと言えるでしょう。

投資金額は1レース目の10,000円だけだったので、それを差し引くとその利益は976,050円

キャンペーンへの参加費用を考えてもその利益は90万円オーバーとなっており、まさに大勝利でした。

スポンサーリンク




シェアする

フォローする

コメントの入力は終了しました。