予想付きコラム【F2 東京中日スポーツ杯】佐藤亜貴子が思い出のバンクで復活の手応え/立川|日刊スポーツ

(C)2019,Nikkan Sports News.

(C)2019,Nikkan Sports News.

本日ピックアップするニュースは立川競輪場で開催中のF2東京中日スポーツ杯より。記事に取り上げられているのは今日の初日、7Rのガールズ予1で3着残った佐藤亜貴子選手だ。

まくりこそ許したものの粘って3着という事で、本人的にも及第点といった所のようだ。

佐藤亜貴子(37=神奈川)がしぶとさを発揮した。予1・7Rでは石井寛子-奈良岡彩子にこそまくられたものの、3番手から先にまくって3着に粘り込んだ。

レース後「自分で動いて(3着に)残れているし、少しは良くなっているのかな」と手応えを感じた様子だった。当地は16年12月にデビュー初優勝を果たした思い出のバンク。「よく覚えています。ただ、あれからここでは決勝にも乗れていない。そろそろ今回あたりは…」と力を込める。かつて、左アキレス腱(けん)断裂の大けがからよみがえった闘志で、予2・7Rも突破してみせる。

日刊スポーツ

レース後のインタビューでは今日の3着に対し、自分で動いた結果3着に残れているのは良くなっているのではと手応えを口にしたようだ。

立川バンクは記事の通り佐藤選手にとってデビュー初優勝を果たした思い出の舞台。その時の事はよく覚えていると語る佐藤選手だが、それ以来立川では決勝に乗っていないのもまた事実。初日3着の手応えで今場所で久しぶりの決勝進出を狙う。

引用元:https://www.nikkansports.com/public_race/news/201909060000431.html

F2 東京中日スポーツ杯 2日目 7R L級ガールズ予2予想

本日提供の予想はコラムで取り上げた佐藤亜貴子選手の登場する立川F2の2日目7Rからとなる。

やはり本命としては競走得点トップで勝率もぶっちぎり、初日も勝利して順調そのものである4番車石井寛子選手という事で間違いないだろう。

対抗はもちろん前場所Vの梶田舞殿種という事になる。基本的にはこの2選手がワンツーを決める可能性が高いため、あとは3着に何選手置くかという話になる。

初日3着だった佐藤選手も当然押さえておくべきだろう。もう1選手置くならば、7番車の元砂七夕美選手が無難だろうか。

9/7立川7R予想
3連単フォーメーション
1着 4、5
2着 4、5
3着 1、6、7

当サイトの予想は信用ならない、他のレースの予想も欲しいという方は、当サイトで紹介している優良予想サイトの利用もお勧めする。

現在のイチオシ予想サイト

当サイトで的中情報を調査中のサイトの中で、現在のイチオシは競輪予想サイト「競輪ジャンジャン」です!

競輪ジャンジャンは見ての通り某有名週刊少年誌のロゴにそっくり。いわゆるパロディサイト的なノリですがその競輪予想は本格派です!

的中事例として紹介するのは2020年2月12日(水)に提供された有料情報の「DRAGON WHEEL」より。実際にロゴを見てもらえば分かりますがこのキャンペーンのパロディ元は7つの玉を集めたりする世界的にも超人気のバトル系少年マンガとなっています。

このキャンペーンは2レースのコロガシで40万円前後を狙うというコンセプトとなっています。この日に提供されたのは松戸3Rから佐世保11Rへのコロガシで、1レースあたり5点の提供となりました。

ジャンジャン買い目

1レース目の松戸3Rでは3連単1-3-5が的中。46.3倍を射止めまずは92,600円を獲得しました。松戸3Rの実際の結果はこちらです。

そしてその獲得配当を2レース目の佐世保11Rに全額投入。均等に投資しての5点勝負でこちらも見事的中!佐世保11Rの実際の結果はこちらです。

こうして2レースコロガシを成功させた結果、その配当額は986,050円となりました。40万円狙いのコースながら結果としては倍以上の準帯封!最高の一発だったと言えるでしょう。

投資金額は1レース目の10,000円だけだったので、それを差し引くとその利益は976,050円

キャンペーンへの参加費用を考えてもその利益は90万円オーバーとなっており、まさに大勝利でした。

スポンサーリンク




シェアする

フォローする

コメントの入力は終了しました。