当日予想付きコラム【F2 チャリロト杯】柴田昌樹5番手から単騎まくり決め満面の笑み/高知|日刊スポーツ

(C)2019,Nikkan Sports News.

(C)2019,Nikkan Sports News.

本日ピックアップするニュースは今日が最終日となる高知競輪場で開催中のミッドナイト競輪、F2チャリロト杯より。

記事としては昨日付けのものとなるが、取り上げられているのはその昨日2日目に2RA級チャレンジ一般をまくりで制した柴田昌樹選手だ。

柴田昌樹(43=愛知)が満を持してのまくりを決めた。

2Rは桜井宏樹と伊加哲也が先陣争い。柴田が5番手の2角手前からスパートし、前団をのみ込んだ。「追い上げも考えたけど単騎だったし、しっかりタイミングを見て行った。でも、踏んだ距離が長かった~」。ぜいぜい息を吐きながらも、その表情は終始満面の笑みだった。

日刊スポーツ

展開としては引用部分の通りだが、これについて本人はインタビューに対し単騎だったのでタイミンを見て行ったものの、踏んだ距離が長くなったとの事で息も絶え絶えだったようだが、写真の通りその笑みからは満足の行くレースだった事が見て取れる。

このF2チャリロト杯は本日が最終日となり、そのトリを飾るA級チャレンジ決勝は23:19より発走となる。本日提供の予想は、当日分となるがこのA級チャレンジ決勝からとなる。

引用元:https://www.nikkansports.com/public_race/keirin/mid_cal/news/201908220001263.html

F2 チャリロト杯 最終日 7R A級チャレンジ決勝予想

本日提供の予想はコラムで取り上げた柴田昌樹選手のレースではなく、今日の最終レースである7RのA級チャレンジ決勝より。

本命はやはり脇本勇希選手と城戸俊潔選手だろう。それぞれ別ラインの先頭となるが、この2選手が中心のレースになる事は間違いないだろう。

この2選手を1着2着に置き、2着にはそれぞれの番手に入る選手から選択し、残った1名を3着に置くのが無難だろう。

3着から脇本選手と城戸選手を外し、3着を広めに取る選択肢も考えられる。今回は後者で。

8/23高知7R予想
3連単フォーメーション
1着 1、7
2着 1、4、7
3着 3、4、5

当サイトの予想は信用ならない、他のレースの予想も欲しいという方は、当サイトで紹介している優良予想サイトの利用もお勧めする。

現在のイチオシ予想サイト

当サイトで的中情報を調査中のサイトの中で、現在のイチオシは競輪予想サイト「競輪ジャンジャン」です!

競輪ジャンジャンは見ての通り某有名週刊少年誌のロゴにそっくり。いわゆるパロディサイト的なノリですがその競輪予想は本格派です!

的中事例として紹介するのは2020年2月12日(水)に提供された有料情報の「DRAGON WHEEL」より。実際にロゴを見てもらえば分かりますがこのキャンペーンのパロディ元は7つの玉を集めたりする世界的にも超人気のバトル系少年マンガとなっています。

このキャンペーンは2レースのコロガシで40万円前後を狙うというコンセプトとなっています。この日に提供されたのは松戸3Rから佐世保11Rへのコロガシで、1レースあたり5点の提供となりました。

ジャンジャン買い目

1レース目の松戸3Rでは3連単1-3-5が的中。46.3倍を射止めまずは92,600円を獲得しました。松戸3Rの実際の結果はこちらです。

そしてその獲得配当を2レース目の佐世保11Rに全額投入。均等に投資しての5点勝負でこちらも見事的中!佐世保11Rの実際の結果はこちらです。

こうして2レースコロガシを成功させた結果、その配当額は986,050円となりました。40万円狙いのコースながら結果としては倍以上の準帯封!最高の一発だったと言えるでしょう。

投資金額は1レース目の10,000円だけだったので、それを差し引くとその利益は976,050円

キャンペーンへの参加費用を考えてもその利益は90万円オーバーとなっており、まさに大勝利でした。

スポンサーリンク




シェアする

フォローする

コメントの入力は終了しました。