予想付きコラム【F2 チャリロト杯】脇本勇希 特昇目指して再スタート/高知|日刊スポーツ

(C)2019,Nikkan Sports News.

(C)2019,Nikkan Sports News.

本日ピックアップするニュースは明日から高知競輪場で開催となるミッドナイト競輪、F2チャリロト杯より。

記事に取り上げられているのはS級S班の脇本雄太選手の実弟、115期の脇本勇希選手だ。特昇をかけた前場所は準決で5着となってしまったが、ここまでの道程としてはやはりあの脇本選手の弟らしい活躍を見せている。

脇本雄太の弟・脇本勇希(20=福井)が予選のメイン7Rに登場する。特昇を懸けた前回は準決で5着に沈んだ。「正直(特昇を)意識はしていました。まくりに構えてしまったのが失敗の要因。課題を克服しながら、またやっていく」と気落ちは一切ない。これからも兄に比べられながらの競走になるが「それは高校時代から慣れっこ。気にしていない」。初日もライバル不在の走りを披露する。

日刊スポーツ

前場所の敗退については「特昇を意識しすぎた」部分もあっただろうか。まくりに構えてしまったのが敗因と自己分析していた。

ただし、その敗北による精神的ダメージは一切ないようで、メンタル面でも兄譲りの強さを持っているようだ。

その偉大なる兄と比較される事については高校時代からで今更、という感想のよう。初日はまず、軽く勝利してくれそうだ。

引用元:https://www.nikkansports.com/public_race/keirin/mid_cal/news/201908200000539.html

F2 チャリロト杯 初日 7R A級チ予選予想

本日提供の予想はコラムで取り上げた脇本勇希選手の登場する初日7RのA級チャレンジ予選より。

脇本選手は当然ながら大本命で、ここで敗れるという事は考えにくい。メンバーではほぼ唯一と言って良いレベルの自力型。1着固定で問題ないだろう。

2着3着の予想がメインとなるだろう。とはいえ、7車立てのため選択肢は少ないか。まずは林修平選手をしっかり押さえ、得点的には2番車の志村達也選手も当然2着に。

3着には1つ追加。ここは悩みどころだが7番車の橋村法男選手が順当だろうか?

8/21高知7R予想
3連単フォーメーション
1着 1
2着 2、5
3着 2、5、7

当サイトの予想は信用ならない、他のレースの予想も欲しいという方は、当サイトで紹介している優良予想サイトの利用もお勧めする。

現在のイチオシ予想サイト

当サイトで的中情報を調査中のサイトの中で、現在のイチオシは競輪予想サイト「競輪ジャンジャン」です!

競輪ジャンジャンは見ての通り某有名週刊少年誌のロゴにそっくり。いわゆるパロディサイト的なノリですがその競輪予想は本格派です!

的中事例として紹介するのは2020年2月12日(水)に提供された有料情報の「DRAGON WHEEL」より。実際にロゴを見てもらえば分かりますがこのキャンペーンのパロディ元は7つの玉を集めたりする世界的にも超人気のバトル系少年マンガとなっています。

このキャンペーンは2レースのコロガシで40万円前後を狙うというコンセプトとなっています。この日に提供されたのは松戸3Rから佐世保11Rへのコロガシで、1レースあたり5点の提供となりました。

ジャンジャン買い目

1レース目の松戸3Rでは3連単1-3-5が的中。46.3倍を射止めまずは92,600円を獲得しました。松戸3Rの実際の結果はこちらです。

そしてその獲得配当を2レース目の佐世保11Rに全額投入。均等に投資しての5点勝負でこちらも見事的中!佐世保11Rの実際の結果はこちらです。

こうして2レースコロガシを成功させた結果、その配当額は986,050円となりました。40万円狙いのコースながら結果としては倍以上の準帯封!最高の一発だったと言えるでしょう。

投資金額は1レース目の10,000円だけだったので、それを差し引くとその利益は976,050円

キャンペーンへの参加費用を考えてもその利益は90万円オーバーとなっており、まさに大勝利でした。

スポンサーリンク




シェアする

フォローする

コメントの入力は終了しました。