予想付きコラム【F1 チャリロト杯】原口昌平、久々初日1着「本当にうれしい」/和歌山|日刊スポーツ

(C)2019,Nikkan Sports News.

(C)2019,Nikkan Sports News.

本日ピックアップするのは今日から和歌山競輪場で開催となったF1チャリロト杯より。

記事に取り上げられているのはその初日8Rを逃げ切り、久々の初日1着を手にした原口昌平選手だ。初日の1着は5月の岸和田以来という事で、インタビューでは会心の笑みを見せた。

打鐘3角から西川親幸を連れて先行態勢に入ったが、西川がさばかれてしまい、単騎逃げの形になった。「西川さんが離れたのは分かりました。あとは後ろの動きを確認しながら踏んだけど、最終ホームの追い風をうまく使えた。初日の1着は5月の岸和田以来なので本当にうれしい」と満面の笑み。準決11Rも果敢な仕掛けで見せ場をつくる。

日刊スポーツ

番手に入った西川選手は先行態勢に入ってすぐさばかれてしまい、結果は最下位。単騎で逃げる形となった原口選手だが、最終ホームの追い風をうまく使えたとの事で、してやったりの逃げ切りとなったようだ。

明日の準決勝11Rには7番車で登場。同じく福岡の中園和剛選手がその番手に入る。強敵は愛知・和歌山ラインになるだろうか。

引用元:https://www.nikkansports.com/public_race/news/201907170000765.html

F1 チャリロト杯 2日目 11R S級準決勝予想

本日提供の予想はコラムで取り上げた原口昌平選手の登場する2日目11RのS級準決勝より。

コラム部分でも書いた通り本命は西岡正一選手、吉田敏洋選手の和歌山、愛知ラインということになりそう。東北ラインも侮れない。ここに3番手として福岡コンビという形が良さそうだ。

点数はあまり多くならないように車券を組んでみる。

7/17名古屋9R予想
1着 1、2
2着 1、2、7
3着 1、2、6、7、9

当サイトの予想は信用ならない、他のレースの予想も欲しいという方は、当サイトで紹介している優良予想サイトの利用もお勧めする。

現在のイチオシ予想サイト

当サイトで的中情報を調査中のサイトの中で、現在のイチオシは競輪予想サイト「デボラ競輪」です!

デボラ競輪は比較的新し目の競輪予想サイトですが、個人的には的中率も高く実用的であると評価しています。

「デボラ」の意味はちょっと分かりませんが、競輪の予想のウデは確かです。

今回紹介する的中事例は2020年7月6日の月曜日に提供された有料コースの「ブラックダイヤモンド」からとなります。

デボラ競輪の買い目情報のランク分けはブロンズ→シルバー→ゴールド→プラチナ・・・と貴金属や宝石がモチーフとなっていますが、これは「よくある」ヤツですね。

デボラ競輪の「ダイヤモンド」は最上級クラスの獲得金額が狙えるコースですが、「ブラックダイヤモンド」はミッドナイト専門。極端に大きな配当の出にくいミッドナイト専門だけに、ノーマルなダイヤモンドよりは目標額、そして参加ポイントが控えめな設定となっています。

この日提供された実際の買い目画面がこちらになります。

デボラ競輪買い目

1レース目の松阪2Rでは3連単5-1-4が的中。倍率は低く14.7倍、投資額は2,000円だったのでまずは29,400円を獲得しました。松阪2Rの実際の結果はこちらです。

そしてその獲得配当を2レース目の小倉6Rに全額投入となります。1レース目の配当は少々心もとないものでしたが、均等に投資しての5点勝負でこちらも見事的中!小倉6Rの実際の結果はこちらです。

小倉6Rでは万車券を射止める事に成功、倍率は128.4倍、的中買い目への投資額は5,800円という事でその最終的な配当額は744,720円となりました。

ブラックダイヤモンドの目標額は70万円に設定されていますので、見事に目標達成です。正直、1レース目の結果からは目標達成のイメージが湧きませんでしたが、万車券を的中させたのはお見事でした。

デボラ競輪は無料情報も毎日配信していますので、是非チェックしてみて下さい。

スポンサーリンク




シェアする

フォローする

コメントの入力は終了しました。