予想付きコラム【G3 湘南ダービー】筒井裕哉、ワッキーフレームで300勝達成だ/平塚|日刊スポーツ

(C)2019,Nikkan Sports News.

(C)2019,Nikkan Sports News.

この写真、どこ見てるんだろうか。本日ピックアップするニュースは明日から平塚競輪場で開催となるG3湘南ダービーより。

記事に取り上げられているのはなんか右上を見ている筒井裕哉選手だ。筒井選手はこのG3に合わせ脇本雄太選手が日本選手権のゴールデンレーサー賞を快勝した時のフレームを持ち込んだようだ。

そのゴールデンレーサー賞の1走だけ終えるとそのまま筒井選手に譲渡されたとの事。

<平塚競輪:湘南ダービー>◇G3◇前検日◇10日

筒井裕哉(37=兵庫)がファン垂ぜん? のお宝フレームで参戦する。持参したのは、脇本雄太が日本選手権のゴールデンレーサー賞を9秒1で勝った時のフレーム。この1走だけで筒井が譲り受けていた。

翌日走った筒井は9着だったが「ダービーの時はワッキーのセッティングのままだったけど、その後セッティングをばっちり出してきましたから。縁起のいいフレームですからね」と、照れくさそうに自転車を組み上げた。

現在通算299勝。ワッキーフレームで節目の300勝を決めてみせる。

日刊スポーツ

セッティングそのままに翌日走った筒井選手は9着に終わったものの、その後はセッティングを自らに合わせ自分の物にしたようだ。というか、セッティングそのままで走るなよ。という気もするが。

筒井選手は現在299勝とメモリアル間近。ワッキーフレームの力で今場所中に300勝達成をモノにする。

筒井選手は明日の初日、8RのS級一予選に登場。東北ラインが最大の強敵となりそうだが、まずは好成績で初日を突破したい所だ。

引用元:https://www.nikkansports.com/public_race/news/201905100000609.html

G3 湘南ダービー 初日 8R S級一予選予想

本日提供の予想はコラムで取り上げた筒井裕哉選手の登場する初日8RのS級一予選より。

やはり本線は福島の小松崎大地選手が引く東北ラインだろうか。番手に入る同じく福島の伏見選手と揃って得点ではメンバー1、2位となる。

対する筒井選手が引く兵庫+富山ラインが対抗という事になるか。四国ラインはとりあえず置いておいても良いかもしれない。

小松崎、伏見の両選手を中心に、筒井選手や中村選手を加える、という感じで行ってみよう。香川の福島武士選手(ややこしや)も少々入れる。

5/11平塚8R予想
1=3=9
2=3=9
3=7=9

当サイトの予想は信用ならない、3連単の買い目が欲しい等の方は、当サイトで紹介している優良予想サイトの利用もお勧めする。

現在のイチオシ予想サイト

当サイトで的中情報を調査中のサイトの中で、現在のイチオシは競輪予想サイト「チャリマジ」です!

チャリマジは当サイトで紹介している競輪予想サイトとしては一番の老舗で、有料情報で参加すればしっかりと結果を出してくれる事からこれまで生き残ってきたと言っても良い老舗優良サイトです。

今回紹介する的中事例は2020年6月21日の日曜日に提供された有料コースの「チャリマジコース」からとなります。

このチャリマジコースはレギュラーの有料情報の中では最も安価な情報となりますが、サイト名を冠している事からも分かるように、チャリマジの主力と呼ぶのにふさわしい実力を持っています。

もっと参加料金の高いほかの上位コースが外れた日でも、このチャリマジコースだけは的中しているというパターンも多い信頼度の高さが売りです。

この日提供されたのはこの日提供されたのは川崎競輪場で開催されていたF1サテライト横浜カップ最終日の5Rから7Rへの2レースコロガシ車券でした。

実際の買い目画面がこちらになります。

チャリマジ買い目

1レース目の川崎5Rでは3連単3-2-4が的中。倍率は26.7倍、投資額は2,000円だったのでまずは53,400円を獲得しました。川崎5Rの実際の結果はこちらです。

そしてその獲得配当を2レース目の川崎7Rに全額投入。均等に投資しての5点勝負でこちらも見事的中!佐世保11Rの実際の結果はこちらです。

こうして2レースコロガシを成功させた結果、その配当額は832,000円となりました。

チャリマジコースの目標金額は30万円~100万円という事を考えれば上限に近い金額を叩き出し大成功と言っても良いでしょう。

1レース目の配当が低かったため目標額に届くかやや不安もありましたが、終わってみればこの金額という事でやはりコロガシがいかに強力な手法であるかがよく分かります。

やはりチャリマジで確実性高く利益を得たいのならば、チャリマジコース一択と言っても過言ではありません。

スポンサーリンク




シェアする

フォローする