予想付きコラム【F1 JomonGP 日刊スポーツ杯】武井大介「301勝目挙げたい」表情引き締め/青森|日刊スポーツ

(C)2019,Nikkan Sports News.

(C)2019,Nikkan Sports News.

本日ピックアップするニュースは明日から青森競輪場で開催となるF1 JomonGP日刊スポーツ杯より。

記事に取り上げられているのは前場所の松阪でデビュー通算300勝という節目を迎えたばかりの武井大介選手だ。

<青森競輪:日刊スポーツ杯>◇F1◇前検日◇15日

武井大介(40=千葉)が晴れ晴れとした顔で競輪場に表れた。前場所の松阪最終日にデビュー通算300勝を決め「298勝から長くて…。ようやく、という感じですね」とほおを緩めた。

今場所前には師匠の吉井秀仁氏(引退)、伊勢崎彰大、野口裕史らとともに祝勝会を兼ねたタケノコ掘りに出掛け「楽しかったですよ」とリラックスした様子。予選10Rはその時も一緒だった藤田大輔の番手に決まり「いつも頑張ってくれるし、しっかりつけていきたい。301勝目を挙げたいね」と最後は表情を引き締めた。

日刊スポーツ

ついに節目を迎えた竹井選手は前検日の今日、青森競輪場に晴れ晴れとした表情で現れたとの事。300勝という結果に対しては298勝での足踏み期間が長かったため結構な産みの苦しみだった模様だ。

今場所前には祝勝会を兼ねたタケノコ掘りにも出かけ…祝勝会を兼ねたタケノコ掘りってなんだ???

まあともかく、師匠や仲間に祝ってもらい、また新たな気持ちで301勝目に向かう武井選手。初日10Rは一緒にタケノコを掘った藤田大輔選手の番手で新たな一歩を狙う。

引用元:https://www.nikkansports.com/public_race/news/201904150000558.html

F1 JomonGP 日刊スポーツ杯 初日 10R S級予選予想

本日提供の予想はコラムで取り上げた武井大介選手が登場する初日10RのS級予選より。ニュース部分では301勝目を挙げたいと語った武井選手だが…ブフリ選手が居る。

正直外国人勢が居るレースの予想を出しても仕方ないとは思うだが、居たものは仕方ない。もうブフリ選手は勝つものとして、2着3着を当てる予想にシフトだ。

ブフリ選手はいないものと考え、2車複ないし2車単のつもりで。となれば得点100越え3選手と武井選手が番手に入る藤田選手辺りになるだろうか。

4/16青森10R予想
1=2=7
2=5=7
2=7=9

当サイトの予想は信用ならない、3連単の買い目が欲しい等の方は、当サイトで紹介している優良予想サイトの利用もお勧めする。

[PR]
競輪RIDE

現在のイチオシ予想サイト

当サイトで的中情報を調査中のサイトの中で、現在のイチオシは競輪予想サイト「競輪ジャンジャン」です!

競輪ジャンジャンは見ての通り某有名週刊少年誌のロゴにそっくり。いわゆるパロディサイト的なノリですがその競輪予想は本格派です!

的中事例として紹介するのは2020年2月12日(水)に提供された有料情報の「DRAGON WHEEL」より。実際にロゴを見てもらえば分かりますがこのキャンペーンのパロディ元は7つの玉を集めたりする世界的にも超人気のバトル系少年マンガとなっています。

このキャンペーンは2レースのコロガシで40万円前後を狙うというコンセプトとなっています。この日に提供されたのは松戸3Rから佐世保11Rへのコロガシで、1レースあたり5点の提供となりました。

ジャンジャン買い目

1レース目の松戸3Rでは3連単1-3-5が的中。46.3倍を射止めまずは92,600円を獲得しました。松戸3Rの実際の結果はこちらです。

そしてその獲得配当を2レース目の佐世保11Rに全額投入。均等に投資しての5点勝負でこちらも見事的中!佐世保11Rの実際の結果はこちらです。

こうして2レースコロガシを成功させた結果、その配当額は986,050円となりました。40万円狙いのコースながら結果としては倍以上の準帯封!最高の一発だったと言えるでしょう。

投資金額は1レース目の10,000円だけだったので、それを差し引くとその利益は976,050円

キャンペーンへの参加費用を考えてもその利益は90万円オーバーとなっており、まさに大勝利でした。

スポンサーリンク




シェアする

フォローする