予想付きコラム【G3 金亀杯争覇戦】40歳迎える村上博幸「常にチャレンジ」闘志/松山

COPYRIGHT JKA.

COPYRIGHT JKA.

本日ピックアップするニュースは明日から松山競輪場で行われるG3金亀杯争覇戦より。記事に取り上げられているのは1月の松阪G3での完全V、続く前場所の奈良G3でも優勝しG3連続制覇中で絶好調の村上博幸選手だ。

<松山競輪:金亀杯争覇戦>◇G3◇前検日◇6日

落車が続いて状態を崩している兄義弘とは対照的に、村上博幸(39=京都)が絶好調だ。

1月の松阪G3で完全Vを飾ると、前走の奈良G3では新山響平が先頭を走った北日本勢を分断。番手奪取からG3を連続制覇した。「来月で40歳になりますが、練習では常に新たなことにチャレンジしています。若い子は強いから、いろいろ考えて取り組まないと、さらに上は目指せませんからね」と、まだまだ闘志に衰えは見せない。初日は頼れる山田久徳マークから上位へ切り込む。

引用元:日刊スポーツ

記事の通り兄である村上義弘戦選手は昨年末に落車負傷、そして先月末にもまた初日で落車で途中欠場を余儀なくされるなどあまり良い状態に無いが、それと反比例するかの如く弟の博幸選手が好調。来月で40歳になるという博幸選手、不惑を目前しても常に新たな事へのチャレンジを続けているようで、若い選手たちに勝てるよう考えて練習に取り組んでいるとの事。初日は同じ京都の山田久徳選手の番手に入り上位を狙うが、相手は平原康多、郡司浩平、浅井康太、太田竜馬などなど一流揃いの強敵ばかり。一筋縄では行かないだろう。

引用元:https://www.nikkansports.com/public_race/news/201903060000459.html

G3 金亀杯争覇戦 初日 12R S級初特選予想

本日提供の予想はコラムで取り上げた村上博幸選手の登場する初日7RのS級初特選より。コラム部分でも書いた通りの超豪華メンバーとなった初日12R、誰が勝ってもおかしくないため予想は困難。記事を取り上げた村上選手の勢いを考えるとこのメンバーであっても外しにくい。軸にするとまでは行かずとも多めに加えても良いだろう。太田選手の前場所での落車の影響は残っているのか、など気になるところはあれこれあるが、とりあえず広めに買って当たればOK、という感じにしておこう。

3/7松山12R予想
1=3=5
1=2=7
2=5=7

当サイトの予想は信用ならない、3連単の買い目が欲しい等の方は、当サイトで紹介している優良予想サイトの利用もお勧めする。

[PR]

現在のイチオシ予想サイト

当サイトで的中情報を調査中のサイトの中で、現在のイチオシは競輪予想サイト「競輪ジャンジャン」です!

競輪ジャンジャンは見ての通り某有名週刊少年誌のロゴにそっくり。いわゆるパロディサイト的なノリですがその競輪予想は本格派です!

的中事例として紹介するのは2020年2月12日(水)に提供された有料情報の「DRAGON WHEEL」より。実際にロゴを見てもらえば分かりますがこのキャンペーンのパロディ元は7つの玉を集めたりする世界的にも超人気のバトル系少年マンガとなっています。

このキャンペーンは2レースのコロガシで40万円前後を狙うというコンセプトとなっています。この日に提供されたのは松戸3Rから佐世保11Rへのコロガシで、1レースあたり5点の提供となりました。

ジャンジャン買い目

1レース目の松戸3Rでは3連単1-3-5が的中。46.3倍を射止めまずは92,600円を獲得しました。松戸3Rの実際の結果はこちらです。

そしてその獲得配当を2レース目の佐世保11Rに全額投入。均等に投資しての5点勝負でこちらも見事的中!佐世保11Rの実際の結果はこちらです。

こうして2レースコロガシを成功させた結果、その配当額は986,050円となりました。40万円狙いのコースながら結果としては倍以上の準帯封!最高の一発だったと言えるでしょう。

投資金額は1レース目の10,000円だけだったので、それを差し引くとその利益は976,050円

キャンペーンへの参加費用を考えてもその利益は90万円オーバーとなっており、まさに大勝利でした。

スポンサーリンク




シェアする

フォローする

コメントの入力は終了しました。