予想付きコラム【KEIRINグランプリ2018】渡辺晴智、弟子の雄太マークは簡単に渡せない/静岡

(C)2018,Nikkan Sports News.

(C)2018,Nikkan Sports News.

本日ピックアップするニュースは明日から静岡競輪場で開催となるグランプリシリーズ内、寺内大吉記念杯競輪より。記事に取り上げられているのは明日の初日10RのS級初特選に登場となる地元勢、渡辺晴智選手だ。弟子である渡辺雄太選手も同じ10Rに登場するので今回は全てフルネームで表記する。

この特選10Rではどうやら地元ラインの並びを巡った話し合いが岡村潤選手を交えて行われたらしく、渡辺雄太の番手を巡ったバチバチの争いになるかとも思われたが、どうやら岡村選手が譲ったようだ。

<静岡競輪>◇F1◇前検日◇27日

渡辺晴智(45=静岡)が前回のG3伊東で決勝に進めなかった悔しさを今開催で晴らす。

特選10Rは、地元ラインの並びを巡って岡村潤と話し合いが持たれた。これまで追い込み選手としての確固たる位置を作ってきた晴智にとって、弟子の渡辺雄太の番手は、簡単に渡せる位置ではない。

「伊東よりも状態はいい。潤とは競ってもいいぐらいの気持ちではいたんだけど、任せてくれると言うから」と、岡村が1歩引いたことで最悪の事態は回避された。

今年は苦しい1年だった。昨年は18勝を挙げていたものの、今年はまだ11勝。しかも、G3以上は3勝しかしていない。しかし、終わりよければすべてよし。愛弟子とのワンツーフィニッシュですべてを清算する。

引用元:日刊スポーツ

記事によるとやはり弟子の番手はどうしても譲れないという事で、レース中に競り合う事すら覚悟していたようだが岡村選手が任せてくれたとの事。記事にある通り去年より勝ち星の少ない渡辺晴智選手。グレード戦の勝ち星を逃す事も多く、今年は良い年とは言えなかっただろう。しかしこの年末に来てのグランプリシリーズでの弟子とのワンツーを決めれば、確かに「終わり良ければ総て良し」という気分にもなるだろう。とにかく、明日の初日10Rは静岡ラインに要注目だ。

引用元:https://www.nikkansports.com/public_race/news/201812270000753.html

KEIRINグランプリ2018 初日 10R S級初特選予想

本日提供の予想はニュースコラムで取り上げた渡辺晴智選手の登場するグランプリシリーズ内寺内大吉記念杯競輪初日10RのS級初特選より。ハイレベルなメンバーが揃っているが、渡辺晴智選手の愛弟子、渡辺雄太選手が得点、勝率、連帯率共に頭一つ抜けている。この渡辺雄太選手を先頭とした静岡ラインはやはりこのレースのキモとなるだろう。ラインで決まる可能性すらあるため、一つはライン3人での組合せに。残りは渡辺子弟コンビに各ラインの番手を入れるのが無難か。

12/28静岡10R予想
1=5=8
5=6=8
5=7=8

当サイトの予想は信用ならない、3連単の買い目が欲しい等の方は、当サイトで紹介している優良予想サイトの利用もお勧めする。

[PR]

コメントの入力は終了しました。