予想付きコラム【G3 椿賞争奪戦】昨年の覇者・早坂秀悟が隙あらば主導権狙う/伊東

(C)2018,Nikkan Sports News.

(C)2018,Nikkan Sports News.

本日ピックアップするニュースは明日13日から伊東競輪場で開催となるG3椿賞争奪戦より。記事に取り上げられているのは昨年の優勝者である早坂秀悟選手だ。昨年の優勝がG3初Vだった早坂選手、連覇を狙い今年も得意の先行で押してくる事だろう。

<伊東競輪:椿賞争奪戦>◇G3◇前検日◇12日

早坂秀悟(32=宮城)は昨年の大会で新山響平を目標にG3初Vを飾った。「あの優勝は、先行で頑張ってきた自分へのご褒美だととらえています」。そう感じたのは、東北ラインを先導してきた自負があるからだ。

今年は伊豆から宮城に拠点を戻して再出発。レースでも同県の後輩に前を任せるシーンが見られたり、新境地を切り開いている。しかし、本分はやっぱり先行気質。特選11Rも隙あらば主導権を奪いにいく。

昨年の勝利は東北ラインを引っ張ってきたご褒美だ、と語る早坂選手。拠点を伊豆から宮城に戻し心機一転している。記事にある通り先行一辺倒ではなく後輩の番手に入る場面もあり、柔軟な走りも出来るようになっているようだ。だが、あくまで本領は先行。明日の11RのS級初特選でも当然自力宣言。青森の永澤剛選手を後ろに、まずは上位入賞を目指す。

引用元:https://www.nikkansports.com/public_race/keirin/tsubaki/2018/news/201812120000607.html

G3 椿賞争奪戦 初日 11R S級初特選予想

本日提供の予想はニュースコラムで取り上げたメガネがトレードマークの早坂秀悟選手の登場する初日11RのS級初特選より。やはり目を引くのは前場所の川崎F1でもきっちり優勝を成し遂げている郡司浩平選手だろう。前走の決勝を見ても死角らしい死角は見受けられない。軸にして不足は無いだろう。相手筆頭は番手に入る1番の岡村選手。セットで車券を買うのが良いだろう。他の相手としては7番荒井選手、記事の早坂選手の番手に入る永澤選手もアリだろう。

12/13伊東11R予想
1=5=9
1=7=9
5=7=9

当サイトの予想は信用ならない、3連単の買い目が欲しい等の方は、当サイトで紹介している優良予想サイトの利用もお勧めする。

[PR]

コメントの入力は終了しました。