【G3燦燦ダイヤモンドカップ争奪戦】テオ・ボスが圧巻の上がりタイム8秒7で完勝/松戸

(C)2018,Nikkan Sports News.

(C)2018,Nikkan Sports News.

本日で松戸競輪場で開催されていたG3燦燦ダイヤモンドカップ争奪戦が全レースを終了した。12R S級決勝を制し優勝したのは中川誠一郎選手。6月のG3ワンダーランドカップ以来2場所ぶりの優勝を果たした。が、本日ピックアップするニュースはその中川選手の記事では無く6Rエボリューションで圧勝したテオ・ボス選手の記事だ。

<松戸競輪:燦燦ダイヤモンドカップ争奪戦>◇G3◇最終日◇5日

6RのKEIRINエボリューションは、テオ・ボス(34=オランダ)が5番手2角まくりで完勝した。上がりタイムは8秒7。バンクレコードとしては記録されないが、圧倒的な脚力を披露した。

ボスは「(タイムは)狙っていたが、コーナーで上の方に上がってしまったので。勝てたこと自体、ハッピーはハッピー。そうじゃないと人生楽しくない」と笑わせた。

目標タイムは8秒2だったそうで「それが出せていたらスーパーハッピーだった」とさわやかに笑っていた。次戦は9日からの四日市F1を予定している。

最早外国人選手の記事では恒例行事と言った感じではあるが、やはり今回もボス選手の驚異的脚力が炸裂し後方から一気にまくり切り勝利。日本人選手との高い壁を見せ付けられる結果となった。次戦は9日からの四日市F1西日本カップこにゅうどうくん杯にグレーツァー選手と共に参戦。恐らくワンツーフィニッシュを決める物と思われる。日本人選手にとって外国人選手勢の背中はあまりにも遠い。

引用元:https://www.nikkansports.com/public_race/news/201808050000530.html

[PR]

現在のイチオシ予想サイト

当サイトで的中情報を調査中のサイトの中で、現在のイチオシは競輪予想サイト「デボラ競輪」です!

デボラ競輪は比較的新し目の競輪予想サイトですが、個人的には的中率も高く実用的であると評価しています。

「デボラ」の意味はちょっと分かりませんが、競輪の予想のウデは確かです。

今回紹介する的中事例は2020年7月6日の月曜日に提供された有料コースの「ブラックダイヤモンド」からとなります。

デボラ競輪の買い目情報のランク分けはブロンズ→シルバー→ゴールド→プラチナ・・・と貴金属や宝石がモチーフとなっていますが、これは「よくある」ヤツですね。

デボラ競輪の「ダイヤモンド」は最上級クラスの獲得金額が狙えるコースですが、「ブラックダイヤモンド」はミッドナイト専門。極端に大きな配当の出にくいミッドナイト専門だけに、ノーマルなダイヤモンドよりは目標額、そして参加ポイントが控えめな設定となっています。

この日提供された実際の買い目画面がこちらになります。

デボラ競輪買い目

1レース目の松阪2Rでは3連単5-1-4が的中。倍率は低く14.7倍、投資額は2,000円だったのでまずは29,400円を獲得しました。松阪2Rの実際の結果はこちらです。

そしてその獲得配当を2レース目の小倉6Rに全額投入となります。1レース目の配当は少々心もとないものでしたが、均等に投資しての5点勝負でこちらも見事的中!小倉6Rの実際の結果はこちらです。

小倉6Rでは万車券を射止める事に成功、倍率は128.4倍、的中買い目への投資額は5,800円という事でその最終的な配当額は744,720円となりました。

ブラックダイヤモンドの目標額は70万円に設定されていますので、見事に目標達成です。正直、1レース目の結果からは目標達成のイメージが湧きませんでしたが、万車券を的中させたのはお見事でした。

デボラ競輪は無料情報も毎日配信していますので、是非チェックしてみて下さい。

スポンサーリンク




シェアする

フォローする

コメントの入力は終了しました。