【F1スポーツニッポン杯】小原唯志、力勝負でブフリにひと泡ふかせる/前橋

(C)2018,Nikkan Sports News.

(C)2018,Nikkan Sports News.

先日もブフリ選手のニュースで触れたF1スポーツニッポン杯のニュースを本日もピックアップ。外国人選手の出るレースでは打倒外国人選手といった趣の記事が出る事が多いが、こちらのニュースもそのクチである。記事に取り上げられているのはS級に復帰してから無敗という小原唯志選手。前橋で無敗のブフリ選手に土を付ける事は出来るだろうか。記事は2日目の内容である。

<前橋競輪>◇F1◇2日目◇26日

小原唯志は小細工無しの力勝負で活路を開く。準決9Rは、先行した坂本亮馬の3番手確保からひとまくり。「空いていた3番手に入れましたからね。足は問題ないです。あとは決勝が大事。みんな強いですから」と淡々と振り返った。

ブフリが前橋で無敗なら、小原はS級復帰してからいまだ無敗だ。対ブフリ対策を聞くと「一生懸命やるだけ!」と、豪快に笑い飛ばした。師匠の武田豊樹が「本当は小原が一番強い」と評するほどの男。勝負どころでひと泡吹かせる。

対ブフリ対策、と聞かれてもまあそう答えるしか無いんじゃないか、という気もするが、小原選手もやはりプロ。相手がどれほど強くとも自信の競輪をするだけという事だろう。つい先ほど本日16:30に発走となった11RS級決勝は既に結果が出ており、やはりブフリ選手が圧勝。あまりのリードに全選手がカメラに収まらない程の大差での優勝となった。やはりまだ日本人選手ではとても太刀打ちできないレベルの壁を感じるレースだった。小原選手は5着に終わっている。

引用元:https://www.nikkansports.com/public_race/news/201807270000237.html

[PR]

現在のイチオシ予想サイト

当サイトで的中情報を調査中のサイトの中で、現在のイチオシは競輪予想サイト「競輪ジャンジャン」です!

競輪ジャンジャンは見ての通り某有名週刊少年誌のロゴにそっくり。いわゆるパロディサイト的なノリですがその競輪予想は本格派です!

的中事例として紹介するのは2020年2月12日(水)に提供された有料情報の「DRAGON WHEEL」より。実際にロゴを見てもらえば分かりますがこのキャンペーンのパロディ元は7つの玉を集めたりする世界的にも超人気のバトル系少年マンガとなっています。

このキャンペーンは2レースのコロガシで40万円前後を狙うというコンセプトとなっています。この日に提供されたのは松戸3Rから佐世保11Rへのコロガシで、1レースあたり5点の提供となりました。

ジャンジャン買い目

1レース目の松戸3Rでは3連単1-3-5が的中。46.3倍を射止めまずは92,600円を獲得しました。松戸3Rの実際の結果はこちらです。

そしてその獲得配当を2レース目の佐世保11Rに全額投入。均等に投資しての5点勝負でこちらも見事的中!佐世保11Rの実際の結果はこちらです。

こうして2レースコロガシを成功させた結果、その配当額は986,050円となりました。40万円狙いのコースながら結果としては倍以上の準帯封!最高の一発だったと言えるでしょう。

投資金額は1レース目の10,000円だけだったので、それを差し引くとその利益は976,050円

キャンペーンへの参加費用を考えてもその利益は90万円オーバーとなっており、まさに大勝利でした。

line@

スポンサーリンク




シェアする

フォローする

コメントの入力は終了しました。