【F2ガールズケイリン】吉田夢姫、地元初陣で児玉碧衣にチャレンジ

(C)2018,Nikkan Sports News.

明日5日から名古屋競輪場で開催されるF2ガールズケイリン。注目されているのはもちろん現在12レース連続で1着の児玉碧衣選手だが、本日ピックアップするニュースは地元でデビュー戦となる吉田夢姫(ゆめき)選手についてのニュースだ。厳密には地元勢では無いのだが、その辺りは記事で触れられているため割愛する。

<名古屋競輪:ガールズケイリン>◇F2◇前検日◇4日

吉田夢姫(ゆめき、20=愛知)が地元でデビュー戦を迎える。

といっても、出身は大分県杵築市。大分で選手を目指していたが、1度受験に失敗。豊橋競輪が運営しているガールズ育成システムT-GUPに応募して、愛知登録のデビューとなった。

もともと競技でも、スクラッチやポイントレースにエントリーする地足タイプだ。デビュー後も先行まくりが期待されるが「まだ、自力で戦えるまでの脚力じゃない。今のところは流れに応じて走れるように」と、ひとまず自力は封印。初日予1・7Rは児玉碧衣の強さを体感することがテーマになりそうだ。

という事で、出身は大分なのだがそういった事情があり愛知が地元、という事になっている。本人も話している通り、流石にまだ自力で勝負出来る力は無い。まずは地道に経験を積んでいく事が大事だろう。吉田選手のデビュー戦となる7Rには児玉碧衣選手も出場予定であり、その女子選手の頂点に近い走りを是非目に焼き付けてもらい、今後の糧としてもらいたい。当然、初日7Rの車券を買うならば児玉選手を軸にするのが大安定だろう。まあ、強すぎるので恐らく大した倍率は付かないと思うが…

引用元:https://www.nikkansports.com/public_race/news/201807040000478.html

[PR]

コメントの入力は終了しました。