【F1青垣賞争覇戦】格清洋介が昇班初戦を逃げて快勝

(C)2018,Nikkan Sports News.

奈良競輪場で本日より開催中のF1青垣賞争覇戦。A級2班に昇班した格清洋介選手が昇班してから初勝利を挙げた。井上公利選手の捲りを合わせ切り逃げを決めた。

<奈良競輪>◇F1◇第1日◇2日

A級1、2班に昇班した111期勢3人のうち、最初に勝利を挙げたのは遠征組の格清洋介(23=静岡)。赤板で先頭に立つと、前期S級だった井上公利のまくりを合わせ切って逃げ切った。「チャレンジとは違い、踏まないと来られるので、結構踏んできつかった」と、したたる汗をぬぐった。

それでも「まずは(昇班して)1勝できたし、緊張してたけど、ホッとしました」と、最後は安堵(あんど)の表情をみせていた。準決4Rでは、昇班即の決勝進出に挑む。

記事にもあるように技ありの逃げ切りを決めた格清選手、昇班してのまず最初の1勝を掴んだ。この1勝でプレッシャーも少しは和らいだようで、リラックスして準決へと向かう。2着は強烈な捲りの井上選手に牽制を牽制した同じ静岡勢の町田勝志選手、3着には井上公利選手だった。格清選手が出場する4RA級準決勝は明日12:15発走予定。現在6連続1着の格清選手が、見事決勝進出を決める事が出来るだろうか。

引用元:https://www.nikkansports.com/public_race/news/201807020000554.html

[PR]

現在のイチオシ予想サイト

当サイトで的中情報を調査中のサイトの中で、現在のイチオシは競輪予想サイト「競輪ジャンジャン」です!

競輪ジャンジャンは見ての通り某有名週刊少年誌のロゴにそっくり。いわゆるパロディサイト的なノリですがその競輪予想は本格派です!

的中事例として紹介するのは2020年2月12日(水)に提供された有料情報の「DRAGON WHEEL」より。実際にロゴを見てもらえば分かりますがこのキャンペーンのパロディ元は7つの玉を集めたりする世界的にも超人気のバトル系少年マンガとなっています。

このキャンペーンは2レースのコロガシで40万円前後を狙うというコンセプトとなっています。この日に提供されたのは松戸3Rから佐世保11Rへのコロガシで、1レースあたり5点の提供となりました。

ジャンジャン買い目

1レース目の松戸3Rでは3連単1-3-5が的中。46.3倍を射止めまずは92,600円を獲得しました。松戸3Rの実際の結果はこちらです。

そしてその獲得配当を2レース目の佐世保11Rに全額投入。均等に投資しての5点勝負でこちらも見事的中!佐世保11Rの実際の結果はこちらです。

こうして2レースコロガシを成功させた結果、その配当額は986,050円となりました。40万円狙いのコースながら結果としては倍以上の準帯封!最高の一発だったと言えるでしょう。

投資金額は1レース目の10,000円だけだったので、それを差し引くとその利益は976,050円

キャンペーンへの参加費用を考えてもその利益は90万円オーバーとなっており、まさに大勝利でした。

line@

スポンサーリンク




シェアする

フォローする

コメントの入力は終了しました。