【F1青垣賞争覇戦】格清洋介が昇班初戦を逃げて快勝

(C)2018,Nikkan Sports News.

奈良競輪場で本日より開催中のF1青垣賞争覇戦。A級2班に昇班した格清洋介選手が昇班してから初勝利を挙げた。井上公利選手の捲りを合わせ切り逃げを決めた。

<奈良競輪>◇F1◇第1日◇2日

A級1、2班に昇班した111期勢3人のうち、最初に勝利を挙げたのは遠征組の格清洋介(23=静岡)。赤板で先頭に立つと、前期S級だった井上公利のまくりを合わせ切って逃げ切った。「チャレンジとは違い、踏まないと来られるので、結構踏んできつかった」と、したたる汗をぬぐった。

それでも「まずは(昇班して)1勝できたし、緊張してたけど、ホッとしました」と、最後は安堵(あんど)の表情をみせていた。準決4Rでは、昇班即の決勝進出に挑む。

記事にもあるように技ありの逃げ切りを決めた格清選手、昇班してのまず最初の1勝を掴んだ。この1勝でプレッシャーも少しは和らいだようで、リラックスして準決へと向かう。2着は強烈な捲りの井上選手に牽制を牽制した同じ静岡勢の町田勝志選手、3着には井上公利選手だった。格清選手が出場する4RA級準決勝は明日12:15発走予定。現在6連続1着の格清選手が、見事決勝進出を決める事が出来るだろうか。

引用元:https://www.nikkansports.com/public_race/news/201807020000554.html

[PR]

コメントの入力は終了しました。