予想付きコラム【G3 水戸黄門賞】郡司浩平が今年2度目の記念V|スポーツ報知

Copyright © The Hochi Shimbun.

Copyright © The Hochi Shimbun.

本日ピックアップするニュースは取手競輪で今日まで開催されていたG3水戸黄門賞より。

記事に取り上げられているのはこの水戸黄門賞を優勝し今年2度目のG3優勝を決めた郡司浩平選手だ。

初日の特選では9着に終わった郡司選手だったが、準決では勝利しその高い実力を見せ決勝進出となった。

 取手競輪のG3「開設70周年記念・水戸黄門賞」決勝が30日、準決勝を突破した9選手により、第11レースで争われた。

 郡司浩平(29)=神奈川・99期=が鮮やかなまくりで優勝。2着は吉田拓矢。3着には平原康多が入った。

スポーツ報知

郡司選手の他に佐藤慎太郎選手、平原康多選手とS班選手2名が登場となったこの決勝はやはり激戦。

前受けした北日本ラインに対し打鐘手前から仕掛けた。北日本ラインの先頭であった菅田選手が突っ張った結果、佐藤慎太郎選手、山崎芳仁選手、萩原孝之選手が落車。

それにより菅田選手の番手に収まった郡司選手が最後の直線で押し切ってのVと激しいレースとなった。

今年の水戸黄門賞の売上は50億2313万9400円昨年比で114.1%増と売上でも健闘した。

引用元:https://hochi.news/articles/20200630-OHT1T50143.html

F1 柴田勝家賞 最終日 11R S級決勝予想

本日提供の予想は記事に取り上げられていたG3水戸黄門賞は終了という事で、明日が最終日となる福井競輪場のF1柴田勝家賞の最終日11RのS級決勝から。

コマ切れ戦となる事から混戦が予想されるものの、唯一の3車構成となる竹内選手のラインが有利だろうか。

特にその竹内選手は初日特選で失敗している事から積極的に先行策に打って出そうで、主導権を握れば番手の金子選手に勝機。

浅井康太選手や古性優作選手と言った強力な選手も居るだけに、2着以降は広めに押さえたい所だ。

7/1 福井11R 3連単フォーメーション
1着 7
2着 1、2、3、5
3着 1、2、3、5

当サイトの予想は信用ならない、他のレースの予想も欲しいという方は、当サイトで紹介している優良予想サイトの利用もお勧めする。

現在のイチオシ予想サイト

当サイトで的中情報を調査中のサイトの中で、現在のイチオシは競輪予想サイト「デボラ競輪」です!

デボラ競輪は比較的新し目の競輪予想サイトですが、個人的には的中率も高く実用的であると評価しています。

「デボラ」の意味はちょっと分かりませんが、競輪の予想のウデは確かです。

今回紹介する的中事例は2020年7月6日の月曜日に提供された有料コースの「ブラックダイヤモンド」からとなります。

デボラ競輪の買い目情報のランク分けはブロンズ→シルバー→ゴールド→プラチナ・・・と貴金属や宝石がモチーフとなっていますが、これは「よくある」ヤツですね。

デボラ競輪の「ダイヤモンド」は最上級クラスの獲得金額が狙えるコースですが、「ブラックダイヤモンド」はミッドナイト専門。極端に大きな配当の出にくいミッドナイト専門だけに、ノーマルなダイヤモンドよりは目標額、そして参加ポイントが控えめな設定となっています。

この日提供された実際の買い目画面がこちらになります。

デボラ競輪買い目

1レース目の松阪2Rでは3連単5-1-4が的中。倍率は低く14.7倍、投資額は2,000円だったのでまずは29,400円を獲得しました。松阪2Rの実際の結果はこちらです。

そしてその獲得配当を2レース目の小倉6Rに全額投入となります。1レース目の配当は少々心もとないものでしたが、均等に投資しての5点勝負でこちらも見事的中!小倉6Rの実際の結果はこちらです。

小倉6Rでは万車券を射止める事に成功、倍率は128.4倍、的中買い目への投資額は5,800円という事でその最終的な配当額は744,720円となりました。

ブラックダイヤモンドの目標額は70万円に設定されていますので、見事に目標達成です。正直、1レース目の結果からは目標達成のイメージが湧きませんでしたが、万車券を的中させたのはお見事でした。

デボラ競輪は無料情報も毎日配信していますので、是非チェックしてみて下さい。

スポンサーリンク




シェアする

フォローする

コメントの入力は終了しました。