予想付きコラム【F2 竹浪比呂央ねぶた研究所カップ】小笠原光「夜行性なので」敵は朝早い時間帯?/青森|日刊スポーツ

(C)2019,Nikkan Sports News.

(C)2019,Nikkan Sports News.

本日ピックアップするニュースは明日から青森競輪場で開催となるモーニング戦、竹浪比呂央ねぶた研究所カップより。

記事に取り上げられているのはその青森競輪場でデビュー初Vを決めたばかりの117期ルーキー、小笠原光選手だ。

前回となる青森ミッドナイトからわずか1週間、再び青森バンクに戻ってきた小笠原選手、ゲンの良いバンクとなったここ青森で、連続Vを狙う。

ルーキーの小笠原光(24=岩手)が初Vの興奮冷めやらぬまま、再び青森バンクに登場する。先月29日の青森ミッドナイトで優勝し、1週間ほどで戻ってきた。カメラを向けると「今後は笑顔をトレードマークにしていきます」と満面の笑みでポーズを取った。

本格デビューの7月は2開催ともミッドナイト。今回は初のモーニングで「自分は夜行性なので、ミッドナイトの方がいいんですよ…」と苦笑い。敵は朝早い時間帯か?

日刊スポーツ

満面の笑顔でポーズを取り写真に収まった小笠原選手、今後はこの笑顔をトレードマークにしていくと話すが、やはり初Vから間もない事からテンションが高いという事もあるだろう。

記事の通りルーキーシリーズを除外した本格的なデビューは7月から。2場所に登場し決勝3着、そしてVと滑り出しは上場だ。

ただ、小笠原選手は「夜行性」を自認しており、これまでのミッドナイトはともかく朝早いモーニング戦にはやや不安も覚えるようだ。

モーニング戦とはいえ、初日は最終レースである7Rに登場、発走予定は11:00なのだから、そこはまだ救いだろうか。

引用元:https://www.nikkansports.com/public_race/news/202008030000366.html

F2 竹浪比呂央ねぶた研究所カップ 初日 7R A級チ予選予想

本日提供の予想は記事に取り上げられていた小笠原光選手が登場するF2 竹浪比呂央ねぶた研究所カップの初日7RのA級チャレンジ予選より。

小笠原選手は前回の予選でも連係しワンツーを決めた関戸選手と再び連係で、まさに死角なしと言った所だろうか。朝が弱いような話をしていたが、全く問題にならないだろう。

1着に小笠原選手、2着に関戸選手は既定路線だ。その分3着はやや広めに、ライン3番手の阿部選手だけでなく別線の川島選手や兵動選手も押さえておこう。

8/4 青森7R 3連単フォーメーション
1着 7
2着 1
3着 2、3、5

当サイトの予想は信用ならない、他のレースの予想も欲しいという方は、当サイトで紹介している優良予想サイトの利用もお勧めする。

現在のイチオシ予想サイト

当サイトで的中情報を調査中のサイトの中で、現在のイチオシは競輪予想サイト「競輪ジャンジャン」です!

競輪ジャンジャンのモチーフはロゴからピンと来る人も居るかもしれませんが、某週刊少年誌のようです。ただプラン名に関しては他の少年誌のものもチラホラ・・・

今回紹介する的中事例は2020年10月9日の金曜日に提供された有料コースの「DRAGON WHEEL」からとなります。

競輪ジャンジャンの特徴の一つとしてコロガシを行うプランが少ない事が挙げられますが、このDRAGON WHEELについては2レースのコロガシプランとなっています。

この日提供されたのは防府11Rから松戸6Rにかけてのコロガシで、点数はどちらも7点。1レース目への投資額は14,000円でした。

実際の買い目画面がこちらになります。

競輪ジャンジャン買い目

1レース目の防府11Rでは3連単2-3-7での的中。的中買い目への投資額は2,000円、的中倍率は60.7倍でしたので、まずは121,400円の獲得です。防府11Rの実際の結果はこちらです。

そしてその獲得配当を2レース目の松戸6Rに全額投入となります。こちらの結果は3連単9-1-3での的中となりました。松戸6Rの実際の結果はこちらです。

的中買い目への投資額は17,300円、的中倍率は46.7倍でしたので、最終的な配当は807,910円となりました。

コロガシは流石の威力。一発で大金を狙いたいのならばこのプランで決まりでしょう。

スポンサーリンク




シェアする

フォローする

口コミの入力は終了しました。