名古屋、松阪など競輪8日以降の中止場所を発表|日刊スポーツ

COPYRIGHT JKA.

COPYRIGHT JKA.

本日ピックアップするニュースは新型コロナウイルス感染拡大防止のために、本日8日以降に中止がJKAから発表された件についてだ。

新型コロナウイルスの猛威は留まることを知らず、ついに昨日7日には7都府県に史上初の緊急事態宣言が発令されるまでに至ってしまった。

競馬、競艇、競輪などの公営競技は以前から無観客レースを行うなど感染拡大防止に努めてきたが、競輪ではついにレース自体の中止が行われるようになってしまった。

JKAは8日、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、8日以降のレースが中止となった競輪開催を発表した(午後5時現在)。これまで中止が決まった場は、次の通り。

★立川F1 8日

★名古屋F1 8~10日

★平塚G3 9~12日

★大宮F2 9~11日

★松阪F2 10~12日

★前橋F2ミッド 12~14日

★西武園G3 16~19日

★立川F2 24~26日

★前橋F2 28~30日

★大宮F1 5月1~3日

8日になって、名古屋F1、松阪F2、前橋F2(2開催分)の中止が決まった。

日刊スポーツ

中止になったレースは現在の所以上の通りで、主に緊急事態宣言が発令された都府県で行われるレースが対象となっている。

期間も5月まで対象と長く、中止になるレースの中にはG3もありその影響は計り知れない。また、緊急事態宣言の期間である5月6日に感染拡大が収束している保証はどこにもなく、先行きは全く不透明だ。

競馬や競艇と異なり、競輪はレーサー同士の距離が近くなる事が多いため、このような措置はやむを得ないのかもしれないが、やはり一競輪ファンとしては寂しさと不安感を感じる出来事と言える。一刻も早い感染拡大の収束を願うばかりだ。

引用元:https://www.nikkansports.com/public_race/news/202004080000462.html

現在のイチオシ予想サイト

当サイトで的中情報を調査中のサイトの中で、現在のイチオシは競輪予想サイト「デボラ競輪」です!

デボラ競輪は比較的新し目の競輪予想サイトですが、個人的には的中率も高く実用的であると評価しています。

「デボラ」の意味はちょっと分かりませんが、競輪の予想のウデは確かです。

今回紹介する的中事例は2020年7月6日の月曜日に提供された有料コースの「ブラックダイヤモンド」からとなります。

デボラ競輪の買い目情報のランク分けはブロンズ→シルバー→ゴールド→プラチナ・・・と貴金属や宝石がモチーフとなっていますが、これは「よくある」ヤツですね。

デボラ競輪の「ダイヤモンド」は最上級クラスの獲得金額が狙えるコースですが、「ブラックダイヤモンド」はミッドナイト専門。極端に大きな配当の出にくいミッドナイト専門だけに、ノーマルなダイヤモンドよりは目標額、そして参加ポイントが控えめな設定となっています。

この日提供された実際の買い目画面がこちらになります。

デボラ競輪買い目

1レース目の松阪2Rでは3連単5-1-4が的中。倍率は低く14.7倍、投資額は2,000円だったのでまずは29,400円を獲得しました。松阪2Rの実際の結果はこちらです。

そしてその獲得配当を2レース目の小倉6Rに全額投入となります。1レース目の配当は少々心もとないものでしたが、均等に投資しての5点勝負でこちらも見事的中!小倉6Rの実際の結果はこちらです。

小倉6Rでは万車券を射止める事に成功、倍率は128.4倍、的中買い目への投資額は5,800円という事でその最終的な配当額は744,720円となりました。

ブラックダイヤモンドの目標額は70万円に設定されていますので、見事に目標達成です。正直、1レース目の結果からは目標達成のイメージが湧きませんでしたが、万車券を的中させたのはお見事でした。

デボラ競輪は無料情報も毎日配信していますので、是非チェックしてみて下さい。

スポンサーリンク




シェアする

フォローする

コメントの入力は終了しました。