予想付きコラム【F2 下野新聞社杯】菊池岳仁“運命の人”と再会も力に特昇狙う/宇都宮|日刊スポーツ

(C)2019,Nikkan Sports News.

(C)2019,Nikkan Sports News.

本日ピックアップするニュースは明日から宇都宮競輪場で開催となるF2下野新聞社杯より。

記事に取り上げられているのは117期の早期卒業生である菊池岳仁選手だ。デビューから2場所を経たが現在のところは無敗の6連勝中。今場所は3場所連続の完全Vと特昇がかかっている。

選手養成所を早期卒業した117期のルーキー菊池岳仁(19=長野)が、3場所連続の完全VとA級2班特昇がかかる今節に「決めることが一番」と意気込んだ。長走路(500メートルバンク)は見るのも走るのも初めてだというが、前検の指定練習を終えると「感覚は悪くなかった」と表情を緩めた。

大事な3日間を前に“運命の人”との再会も闘争心に火をつける。予選9Rを走る伊藤大理がその人。競輪場のない長野県で選手を志したきっかけの1つは、幼い頃に選手がさっそうとレーサーで街道を走る姿を見たから。「街道で見た選手はたぶん、実家の近くに住んでいる伊藤さんだったかと。他にも、合宿とかで長野を訪れた選手も見たけれど…」。

日刊スポーツ

宇都宮のような長走路は走るのはもちろん、見るのも初めてだという菊池選手だが、指定練習では十分手応えは掴んだようで、流石は大型ルーキーと言ったところか。

記事はその菊池選手にとっての「運命の人」との再開についての話になっているが、その運命の人が初日9Rに登場する同郷の先輩である伊藤選手との事だ。

菊池選手が競輪選手を目指したきっかけの一つが小さい頃に競輪場の無い地元長野で見かけたレーサーだったという。

本人によればそのレーサーこそが伊藤選手だったのだろうと思い出を語った。当の伊藤選手もそれは自分だと思うと話しており、今場所は菊池選手にとって思い出深いレースになりそうだ。

引用元:https://www.nikkansports.com/public_race/news/202002060000502.html

F2 下野新聞社杯 初日 5R A級チ予選予想

本日提供の予想は記事に取り上げた菊池岳仁選手が登場する宇都宮F2の初日5R、A級チャレンジ予選から。

デビューから無敗の3場所連続完全V、そしてA級2班への特昇がかかった今場所。初日からきっちりと勝利を目指したい所だ。

実際チャレンジは菊池選手にとって通過点に過ぎず、ここは必勝の構えか。番手にには栃木の高森選手が入りワンツーも視野だ。

菊池選手は1着に固定するとして、2着には高森選手と別線から佐藤選手、3着にはそこに増成選手を加えた4点構成での勝負としてみた。

2/7 宇都宮 5R予想
3連単フォーメーション
1着 2
2着 4、7
3着 3、4、7

当サイトの予想は信用ならない、他のレースの予想も欲しいという方は、当サイトで紹介している優良予想サイトの利用もお勧めする。

現在のイチオシ予想サイト

当サイトで的中情報を調査中のサイトの中で、現在のイチオシは競輪予想サイト「競輪ジャンジャン」です!

競輪ジャンジャンは見ての通り某有名週刊少年誌のロゴにそっくり。いわゆるパロディサイト的なノリですがその競輪予想は本格派です!

的中事例として紹介するのは2020年2月12日(水)に提供された有料情報の「DRAGON WHEEL」より。実際にロゴを見てもらえば分かりますがこのキャンペーンのパロディ元は7つの玉を集めたりする世界的にも超人気のバトル系少年マンガとなっています。

このキャンペーンは2レースのコロガシで40万円前後を狙うというコンセプトとなっています。この日に提供されたのは松戸3Rから佐世保11Rへのコロガシで、1レースあたり5点の提供となりました。

ジャンジャン買い目

1レース目の松戸3Rでは3連単1-3-5が的中。46.3倍を射止めまずは92,600円を獲得しました。松戸3Rの実際の結果はこちらです。

そしてその獲得配当を2レース目の佐世保11Rに全額投入。均等に投資しての5点勝負でこちらも見事的中!佐世保11Rの実際の結果はこちらです。

こうして2レースコロガシを成功させた結果、その配当額は986,050円となりました。40万円狙いのコースながら結果としては倍以上の準帯封!最高の一発だったと言えるでしょう。

投資金額は1レース目の10,000円だけだったので、それを差し引くとその利益は976,050円

キャンペーンへの参加費用を考えてもその利益は90万円オーバーとなっており、まさに大勝利でした。

スポンサーリンク




シェアする

フォローする