予想付きコラム【G3 善知鳥杯争奪戦】新山響平、落車後も「走ってしまえば大丈夫」/青森|日刊スポーツ

(C)2019,Nikkan Sports News.

(C)2019,Nikkan Sports News.

本日ピックアップするニュースは明日から青森競輪場で開催となるG3、みちのく記念・善知鳥杯争奪戦より。

記事に取り上げられているのは先日のジャパントラックカップにナショナルチームBとして出場するも、落車で左肩を痛めてしまった地元勢の新山響平選手だ。

怪我をおしての出場となる今回の地元G3。当然、その影響が心配されるだろう。この短期間では完治という訳にもいかないだろうが、どこまでパフォーマンスを発揮出来るだろうか。

地元エースの新山響平(25=青森)が、けがをおして地元G3に参戦する。

現在、ナショナルチームBに所属しており、オールスター後の8月23~25日には、自転車競技の国際大会「ジャパントラックカップ」に出場。ところが、23日のケイリンで落車し、左肩を強打してしまった。「肩はまだ上がりにくい状態。走ってしまえば大丈夫。決勝に行くのは当然。優勝したいけど、青森から優勝が出れば」と強気に語った。

落車翌日もスプリントやケイリンに出場し、200メートルTTでは10秒087を出しており、けがの影響は感じさせず走り切っている。まずは初日特選12Rで不安を払拭(ふっしょく)したい。

日刊スポーツ

本人によるとまだ肩が上がりにくい状態にあるとの事だが、走ってしまえば大丈夫だと断言。堂々の決勝進出宣言まで飛び出した。

実際、記事の通り落車翌日も出場し、怪我の影響を感じさせない走りを披露していた事からも今回の地元G3も問題はなさそうだ。

初日は12Rの特選に登場。S級S班の平原康多選手や太田竜馬選手など強敵揃いのなか、地元勢の強さを見せつけられるか。

引用元:https://www.nikkansports.com/public_race/news/201909040000602.html

G3 善知鳥杯争奪戦 初日 12R S級初特選予想

本日提供の予想はコラムで取り上げた新山響平選手の登場する青森G3、みちのく記念競輪・善知鳥杯争奪戦からとなる。

コラム部分でも触れた通り、G3の初日初特選という事で豪華メンバーが登場予定で、S級S班選手も2名登場する。

基本的に本命はそのS級S班、平原康多選手とその平原選手と連係する木暮安由選手という事で間違いないだろう。

新山選手は対抗。勝率的にはトップ勢にやや劣るもののバック数ではトップ。地元バンクという事も加味すると是非とも車券に加えたい所だ。

当然、他にも注目選手が目白押しのため予想を当てるのは難しいと思われるが、なんとか組んでみた。

9/5青森12R予想
3連単フォーメーション
1着 3、9
2着 1、3、9
3着 1、3、4、9

当サイトの予想は信用ならない、他のレースの予想も欲しいという方は、当サイトで紹介している優良予想サイトの利用もお勧めする。

現在のイチオシ予想サイト

当サイトで的中情報を調査中のサイトの中で、現在のイチオシは競輪予想サイト「競輪ジャンジャン」です!

競輪ジャンジャンは見ての通り某有名週刊少年誌のロゴにそっくり。いわゆるパロディサイト的なノリですがその競輪予想は本格派です!

的中事例として紹介するのは2020年2月12日(水)に提供された有料情報の「DRAGON WHEEL」より。実際にロゴを見てもらえば分かりますがこのキャンペーンのパロディ元は7つの玉を集めたりする世界的にも超人気のバトル系少年マンガとなっています。

このキャンペーンは2レースのコロガシで40万円前後を狙うというコンセプトとなっています。この日に提供されたのは松戸3Rから佐世保11Rへのコロガシで、1レースあたり5点の提供となりました。

ジャンジャン買い目

1レース目の松戸3Rでは3連単1-3-5が的中。46.3倍を射止めまずは92,600円を獲得しました。松戸3Rの実際の結果はこちらです。

そしてその獲得配当を2レース目の佐世保11Rに全額投入。均等に投資しての5点勝負でこちらも見事的中!佐世保11Rの実際の結果はこちらです。

こうして2レースコロガシを成功させた結果、その配当額は986,050円となりました。40万円狙いのコースながら結果としては倍以上の準帯封!最高の一発だったと言えるでしょう。

投資金額は1レース目の10,000円だけだったので、それを差し引くとその利益は976,050円

キャンペーンへの参加費用を考えてもその利益は90万円オーバーとなっており、まさに大勝利でした。

スポンサーリンク




シェアする

フォローする

コメントの入力は終了しました。