予想付きコラム【G3 阿波おどり杯争覇戦】植原琢也1予1R1枠に「自分を試したい」/小松島|日刊スポーツ

(C)2019,Nikkan Sports News.

(C)2019,Nikkan Sports News.

本日ピックアップするニュースは明日から小松島競輪場で開催となるG3阿波おどり杯争覇戦より。

記事に取り上げられているのは5月に特昇したばかりの植原琢也選手だ。S級に特昇してからの初戦となった前場所では決勝に進出し、連係相手の鈴木竜士選手の優勝に貢献と大活躍を見せた。

グレードレース期待枠の1予1R1枠には、5月に特昇した113期植原琢也(25=埼玉)が入った。

S級初戦の前走小田原F1では見事な走りで決勝進出。番手鈴木竜士を優勝に導いた。「必死に練習したら上に上がれました。初の記念でも自然体で、今の自分にどれだけできるかを試したい」と気持ちを引き締めた。勢いに乗った攻めは注目だ。

日刊スポーツ

この活躍について本人は「必死に練習しただけ」と涼しい顔。S級初の記念となる今場所も自然体で、あくまで自分の力を試すだけとクールな答えだった。

記念の初日1R1枠には期待の若手が入ると言われているが、その期待の若手という意味では植原選手はピッタリの選手だろう。選手写真とはまた随分印象が変わってしまった印象のある植原選手、初日は埼京ラインの先頭としてレースを自体を引っ張って行くだろう。

引用元:https://www.nikkansports.com/public_race/news/201907030000542.html

G3 阿波おどり杯争覇戦 初日 1R S級一予選予想

本日提供の予想はコラムで取り上げた植原琢也選手が登場する初日1RのS級一予選より。

レースの本命ラインはやはり植原選手が引く埼京ラインという事になりそうだ。番手に入る武藤龍生選手と植原選手、セットで軸にしても良さそう。

対抗となるのは神奈川静岡ラインと見て良さそう。ここから嶋津拓弥選手、成田健児選手辺りを加えてみよう。

7/4小松島1R予想
1=3=9
1=5=9
1=7=9

当サイトの予想は信用ならない、3連単の買い目が欲しい等の方は、当サイトで紹介している優良予想サイトの利用もお勧めする。

現在のイチオシ予想サイト

当サイトで的中情報を調査中のサイトの中で、現在のイチオシは競輪予想サイト「デボラ競輪」です!

デボラ競輪は比較的新し目の競輪予想サイトですが、個人的には的中率も高く実用的であると評価しています。

「デボラ」の意味はちょっと分かりませんが、競輪の予想のウデは確かです。

今回紹介する的中事例は2020年7月6日の月曜日に提供された有料コースの「ブラックダイヤモンド」からとなります。

デボラ競輪の買い目情報のランク分けはブロンズ→シルバー→ゴールド→プラチナ・・・と貴金属や宝石がモチーフとなっていますが、これは「よくある」ヤツですね。

デボラ競輪の「ダイヤモンド」は最上級クラスの獲得金額が狙えるコースですが、「ブラックダイヤモンド」はミッドナイト専門。極端に大きな配当の出にくいミッドナイト専門だけに、ノーマルなダイヤモンドよりは目標額、そして参加ポイントが控えめな設定となっています。

この日提供された実際の買い目画面がこちらになります。

デボラ競輪買い目

1レース目の松阪2Rでは3連単5-1-4が的中。倍率は低く14.7倍、投資額は2,000円だったのでまずは29,400円を獲得しました。松阪2Rの実際の結果はこちらです。

そしてその獲得配当を2レース目の小倉6Rに全額投入となります。1レース目の配当は少々心もとないものでしたが、均等に投資しての5点勝負でこちらも見事的中!小倉6Rの実際の結果はこちらです。

小倉6Rでは万車券を射止める事に成功、倍率は128.4倍、的中買い目への投資額は5,800円という事でその最終的な配当額は744,720円となりました。

ブラックダイヤモンドの目標額は70万円に設定されていますので、見事に目標達成です。正直、1レース目の結果からは目標達成のイメージが湧きませんでしたが、万車券を的中させたのはお見事でした。

デボラ競輪は無料情報も毎日配信していますので、是非チェックしてみて下さい。

スポンサーリンク




シェアする

フォローする

コメントの入力は終了しました。