予想付きコラム【F2 ニッカン・コム杯争奪戦】地元丸山直樹、嵯峨昇喜郎と準決の壁突破へ/西武園|日刊スポーツ

(C)2019,Nikkan Sports News.

(C)2019,Nikkan Sports News.

本日ピックアップするニュースは明日から西武園競輪場で開催となるミッドナイト競輪、F2ニッカン・コム杯争奪戦より。

記事に取り上げられているのは地元勢の丸山直樹選手だ。どうやら今日の前検で番組を見た瞬間に優勝候補の嵯峨昇喜郎選手をマークすると即断したようだ。すんなりと思惑通りに事が運ぶだろうか?

地元の丸山直樹(33=埼玉)が予選6Rは絶好の目標を得た。

番組に目をやり今シリーズ優勝候補筆頭の嵯峨昇喜郎の名前を見つけると「もちろん付けます。最近は準決が壁だけど、予選ももちろん大事。しっかりと付いていきます」と話した。

すんなりなら問題ないが、ここは稲葉一真が流れの中で番手を狙ってくる可能性も十分。まずは番手を死守。そこから嵯峨と直線勝負に持ち込み、地元の意地でゴール前勝負を演じる。

日刊スポーツ

最近は準決が壁との事で、準決を越える事がなかなか出来ずに苦労しているとの事だ。もちろん、予選を疎かにする事は無いので、ここはしっかりと嵯峨選手マークでしっかりと予選突破を狙う。

記事によると稲葉一真選手も番手を狙ってくる可能性は十分あるという事で、マークを死守する事が大前提となりそうだ。地元ならではの地の利を生かして、まずは予選突破だ。

引用元:https://www.nikkansports.com/public_race/keirin/mid_cal/news/201906210000622.html

F2 ニッカン・コム杯争奪戦 初日 6R A級予選予想

本日提供の予想はコラムで取り上げた丸山直樹選手が登場するF2 ニッカン・コム杯争奪戦の初日、6RのA級予選より。

ニュース引用部にもあった通り、嵯峨昇喜郎選手が優勝候補筆頭。現在の勝率は77%、連対率は86%、バック数もダントツの13とこのメンバーでは頭一つ抜けている。得点的にも一回り以上高いのだ。

という事で、軸にするのは嵯峨選手を置いて他には無く、確定。相手としては番手争いの気配の丸山選手、稲葉選手あたりになるか。

6/22西武園6R予想
2=3=7
2=4=7
3=4=7

当サイトの予想は信用ならない、3連単の買い目が欲しい等の方は、当サイトで紹介している優良予想サイトの利用もお勧めする。

現在のイチオシ予想サイト

当サイトで的中情報を調査中のサイトの中で、現在のイチオシは競輪予想サイト「競輪ジャンジャン」です!

競輪ジャンジャンのモチーフはロゴからピンと来る人も居るかもしれませんが、某週刊少年誌のようです。ただプラン名に関しては他の少年誌のものもチラホラ・・・

今回紹介する的中事例は2020年10月9日の金曜日に提供された有料コースの「DRAGON WHEEL」からとなります。

競輪ジャンジャンの特徴の一つとしてコロガシを行うプランが少ない事が挙げられますが、このDRAGON WHEELについては2レースのコロガシプランとなっています。

この日提供されたのは防府11Rから松戸6Rにかけてのコロガシで、点数はどちらも7点。1レース目への投資額は14,000円でした。

実際の買い目画面がこちらになります。

競輪ジャンジャン買い目

1レース目の防府11Rでは3連単2-3-7での的中。的中買い目への投資額は2,000円、的中倍率は60.7倍でしたので、まずは121,400円の獲得です。防府11Rの実際の結果はこちらです。

そしてその獲得配当を2レース目の松戸6Rに全額投入となります。こちらの結果は3連単9-1-3での的中となりました。松戸6Rの実際の結果はこちらです。

的中買い目への投資額は17,300円、的中倍率は46.7倍でしたので、最終的な配当は807,910円となりました。

コロガシは流石の威力。一発で大金を狙いたいのならばこのプランで決まりでしょう。

スポンサーリンク




シェアする

フォローする

口コミの入力は終了しました。