予想付きコラム【F2コイコイ7】徳永哲人「後ろにつくとドキドキ」番手で決勝/広島

(C)2018,Nikkan Sports News.

(C)2018,Nikkan Sports News.

本日ピックアップするニュースは広島競輪場で開催中のF2コイコイ7から。記事に取り上げられているのは準決6Rで2着に入り決勝進出を決めた徳永哲人選手。自力で戦う事が多い徳永選手だが、本日は番手戦、後ろに着くと落ち着かないと話す徳永選手だが、しっかりと番手の仕事をして2着に食い込んだ。

<広島競輪:モーニング7>◇F2◇2日目◇18日

準決6Rで徳永哲人(36=熊本)が、先行した林慶次郎の番手戦で2着となり、決勝に駒を進めた。逃げからマーク、すべての決まり手がある選手だが、まだ自力で戦う機会の方が多い。

それだけに「自力とはまたやることが違うし、後ろにつくとドキドキする」と話す。準決6Rでは「前(林)も最後にもうひと加速した分、抜けなかった」とはいえ、しっかり車間を切り、後続をけん制しながらのレースを見せた。決勝も再度林との連係。番手の仕事をして、今度こそは差し切りVを狙う。

林選手が最後に加速したために抜けなかったと話す徳永選手。明日の決勝でも本日と同じく林選手との連携となるため、再び番手の仕事をしつつ、今度こそ林選手を抜き優勝を狙っていく事になるだろう。本日提供の予想もこのコイコイ7の決勝戦からとなる。小島雅章選手が強敵となると思われるが、当然目指すは優勝だ。

引用元:https://www.nikkansports.com/public_race/news/201808180000466.html

F2コイコイ7 最終日 7R A級決勝予想

さて、本日の予想はいつも通りコラムで取り上げた選手の明日のレースとなる。並び予想では関東勢がまず先行すると見られており、九州勢の林、徳永は後方から。関東勢がそのままワンツーを決める可能性は十分にあり、九州勢はどこまで迫れるかがカギとなりそうだ。そこで本日の予想はこうなった。

8/19広島7R予想
1=2=5
2=3=4
2=3=5

当サイトの予想は信用ならない、3連単の買い目が欲しい等の方は、当サイトで紹介している優良予想サイトの利用もお勧めする。

[PR]

コメントの入力は終了しました。