【G1高松宮記念杯】渡辺一成「踏み出しに集中して」特選を快勝

(C)2018,Nikkan Sports News.

6/14より開催中のG1高松宮記念杯。その初日のニュースをピックアップする。記事の主役は渡辺一成選手、特選11Rで同じ福島勢と連携し新田祐大選手まくりに乗り1着となった。

<岸和田競輪:高松宮記念杯>◇G1◇初日◇14日

特選11Rは新田祐大のまくりに乗った渡辺一成が快勝した。

吉沢純平が先行。平原康多の番手まくりが想定されたが「新田君が『一発、どこかで仕掛けます』と言ってくれたから、踏み出しに集中していた。彼が強かったし、新田君が作ったレース」とたたえた。

2日目の青龍賞も初日同様に、佐藤慎太郎を含めて福島勢でがっちり連係する。「(新田に)おんぶにだっこで」と全面信頼だ。

福島勢の結束による勝利というレース展開だったが、その結束は2日目も変わらないようだ。その2日目11R青龍賞は本日15:55に発走となり、初日と同じく新田選手との連携が上手く嵌り渡辺選手が1着、新田選手が2着となった。同じく連携していた福島勢の佐藤選手は4着だった。渡辺選手の次走は3日目9RS級東準決となる。

引用元:https://www.nikkansports.com/public_race/keirin/takamatsunomiya/2018/news/201806150000226.html

[PR]